HOME > 納入事例 > 工業分野 > 株式会社 豊田自動織機

株式会社 豊田自動織機

徹底した圧力管理で実現する効率的なエネルギー供給

エアーの圧力制御を行うFloWing

動力設備のエネルギー供給に、山武の調節弁FloWingを導入。徹底した圧力管理により高い省エネ効果を生んでいます。

年2%の省エネ目標を達成するために

豊田自動織機は、愛知県刈谷市に本社を構える輸送用機械メーカーです。県内に11の工場を持ち、創業以来の繊維機械をはじめ、産業車両、カーエアコン用コンプレッサーや、自動車・エンジン・鋳造品・パワーエレクトロニクスといった自動車関連の製品を製造・販売しています。なかでもエアジェット織機、フォークリフト、カーエアコン用コンプレッサーについては世界トップシェアとなっています。

豊田自動織機では、動力設備のエネルギーとしてエアー、蒸気、ガス、水を使用しています。効率的な生産を支えるためには、過不足のないエネルギー供給が不可欠です。しかしこれまではエアー供給に多くの無駄が発生していました。コンプレッサーからエアヘッダーを通して各現場に供給されるエアーの流量は必要量に限らず一定で、結果として4kgの圧力で十分にまかなえる現場に5kgの圧力がかかったエアーが供給され、そのまま無駄になっていました。特に車の生産工場では動力設備全体に占めるエアーの割合は高く、電力量もかさみます。エアーの圧力制御を行うことは、年2%の省エネ目標を掲げる豊田自動織機にとって必須の課題でした。

「工場全体を横断して動力設備の計画・設計・調達を行うプラントエンジニアリング部が5年前に発足し、エネルギーの安定供給と省エネの実現に取り組み始めました。そこでエアーの圧力制御による省エネに目を付けたのです」(成田氏)

FloWing

蒸気のループに取り付けられたFloWing。
圧力制御により蒸気でも大きな省エネ効果を上げることができます。2005年の5月に導入し、近々投資分が回収できる見込とのこと

無駄なエアーの流量を調節できればコンプレッサーの台数制御が可能となり、大きな省エネ効果が期待できます。しかし、効果を期待して大胆な制御を行えば、それだけ生産リスクも膨らみます。リスクを回避するためには、安定性と信頼性の高いバルブが必要でした。そこで選ばれたのが、圧力損失が少なく、小流量から大流量まで制御できるレンジが大きい、偏心軸回転形調節弁FloWing™(フローウイング)でした。

「生産ラインの停止が大きな損失金額を発生させる状況下では、製品性能が優れていることはもちろん、アフターメンテナンスの充実が欠かせません。トラブルがあればすぐに駆けつけ、即座に対応できる人のサポート力が決め手となりました」(石原氏)

※2012年3月以前の情報は、旧名称が使われているケースがあります。ご了承ください。
この記事は山武グループ(現:azbilグループ)のPR誌azbil(アズビル)の2007年02月号に掲載されたものです。