HOME > 納入事例 > 工業分野 > 新日本製鐵株式会社 君津製鐵所

新日本製鐵株式会社 君津製鐵所

調節弁の状態を把握することで効率・効果的なメンテナンス業務が可能に

新日本製鐵株式会社 君津製鐵所

調節弁の状態を可視化できる山武の調節弁メンテナンスサポートシステムValstaff(バルスタッフ)の導入により、熟練者の経験や勘に頼らない客観的な設備診断が可能となり、安心・安全・効率的な工場の操業が実現しています。

世界最大規模の製鐵所から産まれる高品質な鉄鋼製品

メッキ工場ライン

メッキ工場ライン

新日本製鐵株式会社君津製鐵所で生産される鉄鋼製品は年間1000万トンと世界最大規模を誇ります。国内最大の需要地である関東エリアの製造拠点として、東京ドーム約220個分もある敷地内では、鉄鉱石などの原料から取引先のニーズに合わせた製品加工までの一貫生産が行われ、特に最近は、自動車や家電製品用の高機能商品が好調です。

圧延やメッキなどの各製造工程は、大量のエネルギーを使用しますが、同所では製鉄工程で発生するコークスガスを所内のエネルギーとして利用、その再利用率は97%にもなり、省エネルギーに貢献しています。

同所と山武の付き合いは設立当初からで、所内にはDCSをはじめ調節弁などのフィールド機器が数多く導入されています。そして、同所の計装設備の整備を担っているのが計装整備課です。

「各設備の効率的な保全・管理業務を遂行するために、調節弁の状態把握が課題となっていました。特に燃焼系の設備ではエネルギー供給を制御する調節弁の役割が大きく、正常に稼働しない場合、製品不具合となってしまうからです」(丸山氏)

こうした相談を受けた山武では、調節弁メンテナンスサポートシステムのValstaff™(バルスタッフ)を提案しました。

※2012年3月以前の情報は、旧名称が使われているケースがあります。ご了承ください。
この記事は山武グループ(現:azbilグループ)のPR誌azbil(アズビル)の2008年04月号に掲載されたものです。