HOME > 納入事例 > 工業分野 > トヨタ自動車株式会社 田原工場

トヨタ自動車株式会社 田原工場

熱源の自動制御により、省エネルギー化・省人化・省資源、CO2排出削減を実現

冷凍機が並ぶ熱源は工場内に4棟ある。床下は蓄熱槽

工場の省エネルギー・省資源活動の一環としてエネルギー使用におけるムリ・ムダ・ムラを排除する熱源支援システム・U-OPT™(現:熱源設備/動力プラント 全体最適化パッケージ U-OPT™)を導入。熱源の効率的運転の実現により、省エネルギー化・省人化はもちろん、CO2の排出削減にも大きく貢献しています。

エネルギー使用におけるCO2排出削減

原動力監視室内U-OPTの計画と実績画面

原動力監視室内U-OPTの計画と実績画面

トヨタ自動車は創業以来「自動車を通して豊かな社会づくり」に貢献してきました。現在は“研究開発”“ものづくり”“社会貢献”についてサステナビリティ(持続可能性)を追求し、生産拠点である工場ではサステナブル・プラントの実現を目指しています。

2002年から同社が着手した原動力イノベーションでは、効率的な熱源運転を実現する熱源支援システムを豊田地区にある工場に順次導入しています。高級ブランドのハイブリッド車レクサスなどを年間約50万台生産している田原工場もその一つです。

同工場ではボイラ、コジェネレーション、冷凍機、蓄熱槽などの熱源で生成した冷・温水を、年間を通して、建屋はもちろんのこと塗装ラインにも供給しています。塗装は周囲環境の温度、湿度が品質に影響するため、空調の安定供給が絶対条件。そのため、人が制御する場合にはどうしてもエネルギーに余裕を持たせる運転になりがちでした。そこで、熱源支援システムの自動制御による効率的な運転で、省エネルギー化・省人化・省資源、CO2排出削減を目指したのです。

この記事は山武グループ(現:azbilグループ)のPR誌azbil(アズビル)の2008年07月号に掲載されたものです。