HOME > 納入事例 > 工業分野 > 池袋地域冷暖房株式会社

池袋地域冷暖房株式会社

エネルギー最適運転支援システムによる一次エネルギーのベストミックスで
高効率化、省エネルギー、CO2削減を実現

池袋地域冷暖房株式会社

創業から30年を経た地域冷暖房の熱供給プラント。その“リコンストラクション”は、最新設備への更新のみならず、熱源機器から中央監視装置も含めて最適化された高効率で省エネルギー性の高い再構築を目指しました。新しいプラントとして生まれ変わったいま、エネルギー最適運転支援システム(U-OPT™)(現:熱源設備/動力プラント 全体最適化パッケージ U-OPT™)により高効率な運転を可能にするとともに、CO2排出量、一次エネルギー消費量などの大幅な削減を実現しています。

30年にわたり24時間365日安全で安定した熱供給を継続

池袋副都心開発事業の一環として、サンシャインシティおよびその周辺に熱供給を行うことを目的に設立されたのが、池袋地域冷暖房株式会社です。サンシャインシティのオープンに合わせて1978年4月に操業を開始、以来、30年にわたって24時間365日安全で安定した熱供給を続けています。

しかし、運用開始から20年を経たころから、経年劣化に伴う熱源機器の故障や性能低下、オフィスのOA化推進による冷熱負荷の増大など熱供給需要の要因から、効率的な運用が難しいという課題が浮上してきました。そこで1999年から高効率化、省エネルギー、地球温暖化防止を目的としたプラントの再構築「リコンストラクション」がスタートしました。

「環境に配慮し、熱の安定供給を継続するためのプラントのあるべき姿を追求するなかで、単なる最新機器へのリプレース『設備の更新』ではなく、熱源機器から中央監視装置も含めて最適化された高効率で省エネルギー性の高いプラントへの『再構築』という答えにたどり着きました。それが、今回の『リコンストラクション』です」(澁谷氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2009年02月号に掲載されたものです。