HOME > 納入事例 > 工業分野 > アサヒビール株式会社 吹田工場

アサヒビール株式会社 吹田工場

流量計の設置による計測ポイントの増強で
エネルギー消費の“見える化”を実現

ビールの発酵を行うタンク。
構内に約170本のタンクが立ち並ぶ

アサヒビールでは、アサヒビールを中心とするグループ酒類部門会社全体で2010年までにCO2排出量を1990年比で15%削減することを目指しています。その達成のために今後重要になってくるのは小さな改善の積み重ね。エネルギー消費の実績を正確に把握するために生産プロセスの各所に水や炭酸ガス、蒸気などの流量計を設置し、新たなアクションにつなげています。

「スーパードライ」のアサヒビールは環境対策でも先進的な企業

アサヒビール株式会社は、今年創業120周年を迎えました。1987年に発売された「アサヒスーパードライ」は、20年連続で年間の販売数量が1億箱を超え、ビールというカテゴリーで大きなシェアを占めるブランドとなっています。

一方でアサヒビールは、環境を重視する代表的な企業としても知られています。

「2002年には、すべての工場でゼロエミッション※1を達成したほか、アサヒビールを中心とするグループ酒類部門会社全体では、2010年までにCO2排出量を1990年比15%削減することを目標に掲げています。それを受けて各製造工場でも、エネルギーの使用量の削減に取り組んでいます」(辺見氏) ビールの製造工程では、燃料や電力などのエネルギーを使用しており、それらを削減するため、各工場でコージェネレーションシステム※2などの省エネルギー設備を導入し、省エネルギーを推進してきました。

「1990年当時と比較して生産量が約5割増加しているなかで、2008年の段階では全社で約10%、吹田工場では14~15%のCO2排出量削減を達成しています。大型の省エネルギー施策がひと通り終了した今後は、工場内の各部署で小さな改善を積み重ねていく取組みが重要になるはずです」(辺見氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2009年04月号に掲載されたものです。