HOME > 納入事例 > 工業分野 > アストモスエネルギー株式会社

アストモスエネルギー株式会社

複雑な物流網の最適化に成功 全社最適の意識改革に

卸事業者から小売業者への供給拠点となる充てん所は、
LPガスを2~500kgの容器(ボンベ)に小分けする機能を持つ。
最近では、複数の事業者が所有する共同充てん所で合理化を図る例も増えている。

2006年に設立されたアストモスエネルギー。LPガス業界の複雑な物流網見直しと再構築、コスト削減による利益の最大化を実現するために最適化システムを導入しました。今では同社の業務フローの中に幅広く定着し、全社利益を追求するために欠かせないツールとなっています。

LPガスの安定供給を担う世界のリーディングカンパニー

2006年4月1日、出光ガスアンドライフ株式会社と三菱液化ガス株式会社、三菱商事株式会社LPガス輸入部門の事業統合によって設立されたのが、アストモスエネルギー株式会社です。合併により、同社のLPガス※1取扱量は専業会社として世界一を誇り、国内総需要約1800万トンのうち約20%を取り扱うLPガス業界のリーディングカンパニーとなりました。

LPガスは、全国約5000万世帯の過半数が利用する基幹エネルギーのひとつであり、その供給エリアは日本全土の90%以上をカバーしています。アストモスエネルギーは、国内に9カ所の輸入・生産基地、6カ所の2次基地を配置。タンク能力は元売りとして国内最大規模を誇ります。また、全国に約400カ所の充てん所、約300カ所のオートガス・スタンドの物流網を構築し、全国にくまなくLPガスの安定供給を実現しています。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2009年06月号に掲載されたものです。