HOME > 納入事例 > 工業分野 > 西部石油株式会社 山口製油所

西部石油株式会社 山口製油所

将来を見据えたIT計器室を実現「情報共有」と「見える化」を徹底追求

瀬戸内海に面している山口製油所は、
原油受入れや製品出荷もスムーズ。原油タンクは26基、
272万キロリットルの貯油能力がある。

最新オフィス調のITプラント計器室を目指し更新が行われました。安全・安定操業を大前提に、人間工学をも意識したストレス・フリーのオフィス空間、そして大型モニタ採用により"気付き"を早める「情報共有」や「見える化」を促進。更なる効率化に向けて、コミュニケーションが活発に行われています。

最適効率生産に向けてDCS更新を計画

IT機械室を模したCGイメージ図。

IT機械室を模したCGイメージ図。

山口県山陽小野田市に位置する昭和シェルグループ会社の西部石油株式会社 山口製油所は、原油を輸入・精製し、石油製品及び石油化学原料を安定供給しています。その原油処理能力は、日産12万バレル(年間700万キロリットル)、西日本有数の石油精製基地となっています。同製油所は、近年の需要構造に対応した石油製品の生産、供給を可能とする最新のコンピュータ制御による自動運転、最適効率の生産を行うことで、常に最良の品質を追求するとともに国内30数製油所の中でも、安定・安全かつ高効率な製油所として高く評価されています。

2007年半ば、山口製油所の安全・安定操業を担ってきた分散形情報管理総合制御システムTDCS™3000が更新の時期を迎え、その検討が始まりました。

「更新のコンセプトはクリーンでサイレントな"オフィス調の計器室"。プラント全体の情報を集約・情報共有・整理し、安全・安定操業のための意思決定を素早く冷静に行うことができる環境に加え、従来のコンソールを配した計器室ではなく、居住性に優れた計器室を目指しました」(花田氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2009年07月号に掲載されたものです。