HOME > 納入事例 > 工業分野 > DIC株式会社 北陸工場

DIC株式会社 北陸工場

エネルギー消費量の"見える化"で省エネ対策活動が大きく加速

DIC株式会社 北陸工場

印刷材料、工業材料、電子情報材料などにかかわる広範な事業を展開するDICの中核生産拠点の1つである北陸工場。同工場では、頭打ち状態にあった省エネ活動の抜本的な改革を行うためにエネルギー管理・解析システムを導入。システムによるエネルギー消費量の"見える化"が、社員の省エネルギーに向けたモチベーションを高め、対策活動を大きく加速させました。

省エネ対策の改善に向け 管理を"点から面へ"と転換

DIC北陸工場に設置された「安全の年輪」。DICでは、その年度1年間、無災害(休業災害が発生しない)を継続した工場・研究所に対し「安全の年輪」を1層作成、無災害を継続することで毎年1層ずつ増える。写真のモニュメントは、DIC北陸工場がこの36年間無災害であったことを示している。

DIC北陸工場に設置された「安全の年輪」。DICでは、その年度1年間、無災害(休業災害が発生しない)を継続した工場・研究所に対し「安全の年輪」を1層作成、無災害を継続することで毎年1層ずつ増える。写真のモニュメントは、DIC北陸工場がこの36年間無災害であったことを示している。

印刷材料をはじめ様々な分野で事業を展開するDIC(ディーアイシー)株式会社。同社の北陸工場は、合成樹脂を主要な生産品とし、印刷材料や記憶媒体、IT通信関連、自動車関連といった幅広い分野への素材提供を担っています。

DICグループでは「Color & Comfort by Chemistry―化学で彩りと快適を提案する」という経営ビジョンの下、地域との共存、社会への貢献を図り、ステークホルダーの信頼に応える会社を目指しています。その一環として、省エネ活動を中心とした地球温暖化防止への取組みを推進しています。

「北陸工場でも、日化協※1の自主行動計画目標に沿って、2008~2012年の5年間にエネルギー原単位の平均を1990年度の80%以下とするDICグループのCSR方針に則り、様々な取組みを実施してきましたが、ある段階から成果が"頭打ち"になってしまうという状態が続いていました。何らかの抜本的な対策が必要だったのです」(藤野氏)

同工場では、原動部門で発生させた電力、蒸気、窒素といったエネルギーを製造の各現場に供給しています。これに対して各製造現場では、DCS※2や個々の計測機器などによって独自にエネルギー消費量を計測・管理をしていました。そこで収集されたエネルギーデータは、月単位などのまとまった形で個々の現場ごとに紙ベースで集計され、その結果については現場長などの決まった担当者が参照して、省エネ対策を検討するというスタイルでした。

「こうした方法では、エネルギー消費についての情報が個々の現場の限られた担当者で止まってしまい、全社員に対して省エネルギーについての意識を喚起することが困難です。また月単位の集計では日々の細かな消費動向が見えず、問題の本質を捉えることもできません。そこで、リアルタイムな情報を"見える化"し、それを共有することが不可欠だと考えました。対応のあり方を"点から面へ"と転換することにしたのです」(阿部氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2009年11月号に掲載されたものです。