HOME > 納入事例 > 工業分野 > 長崎市上下水道局 手熊浄水場

長崎市上下水道局 手熊浄水場

水の安定供給で市民の安心を見守る制御の力で安全な水を提供

手熊浄水場は東シナ海を望む高台に立つ。
浄水処理中の水は右から左の池へとゆっくりと流れている。

市民のライフラインの根幹を成す「水道水」のさらなる安定供給を目指し長崎市手熊浄水場の監視装置を更新。遠隔監視をしていた浄水場や複数のポンプ場、配水池の運転情報を一元管理し、管理業務の効率化と安全で安定した水の供給を実現しました。加えて、運転支援装置の導入により需要予測を行うことでオペレータの運転操作負荷軽減と厳密な運用に貢献しています。

渇水と未給水区域の解消を目指し上水道をさらに強化

九州北西部に位置し、海と山に面した風光明媚な街の印象が強い長崎市。そんな長崎市ですが原水が少なく「長崎砂漠」とも呼ばれ、昔から井戸が多く活用されてきました。渇水の対策と未給水区域の解消を目標に昭和40年代からダムや浄水場の整備が重ねられ、現在では15のダムと46の浄水場を有しています。1975年に完成した手熊浄水場は、長崎市全体の約5割の水を供給し、1日に58000m3の浄水処理を行っており、手熊水系では高台の家庭などに水道水を供給するための設備であるポンプ場が16カ所稼働しています。また、1984年には長崎市の魚市場移転に伴い、無人運転の三重浄水場が新設され、手熊浄水場での遠隔監視が開始されました。

長崎市のライフラインを支える浄水場として進化してきた手熊浄水場ですが、三重浄水場や各ポンプ場・配水池の運転監視はしているものの運用の統合化はされておらず、設備ごとの計器を操作する手動での運用となっていました。

「手熊浄水場の監視設備の老朽化対策と上水道統合整備事業に伴う処理能力増強に対応するため、2003年から5カ年計画で手熊浄水場監視装置の更新事業がスタートしました」(井手氏:導入時は水道部浄水課に所属)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2009年12月号に掲載されたものです。