HOME > 納入事例 > 工業分野 > 大塚製薬株式会社 徳島板野工場

大塚製薬株式会社 徳島板野工場

徹底した製造工程の自動化により
現場作業の効率化と品質向上を追求

大塚製薬株式会社 徳島板野工場

大塚製薬の中核生産拠点の1つに位置付けられる徳島板野工場では、先ごろ、操業開始時に導入したMESのリニューアルを実施しました。ERP、LIMS、MESの間の連携を最適化し、製造機器とのオンライン化による製造工程の自動化をさらに徹底するとともに、製造指図書や製造記録書の完全電子化も併せて実現。現場作業の効率化と品質向上の取組みをさらに前進させています。

医薬品MESパッケージの導入が年間20億錠の生産現場を支える

環境保全に対する徳島板野工場の取組みを、工場見学の際に紹介している。

環境保全に対する徳島板野工場の取組みを、工場見学の際に紹介している。

2009年10月より導入された電気自動車。

2009年10月より導入された電気自動車。

大塚製薬株式会社では「Otsukapeoplecreating new productsfor better health worldwide」を企業理念とし、世界の人々の健康に貢献することを目標に、事業活動を営んでいます。「病気の治癒に寄与する医薬品事業」と「日々の健康をサポートする消費者関連事業」をビジネスの柱に、革新的で創造性に富んだ製品の研究開発、製造、販売を行っています。

同社の徳島板野工場は、東京ドームの約6倍に相当する約27万m2という広大な敷地規模を有する、同社有数の生産拠点として1999年1月に操業を開始。「人と環境にやさしい工場」をテーマに、環境保全にも積極的に取り組んでおり、2009年10月には電気自動車も導入。地球全体の環境問題を見据えた生産活動を行っています。

「高効率な生産体制を備える当工場では、操業以来、当社の主力製品であるムコスタを休日を除く24時間体制で年間にして約20億錠を生産しています」(兼子氏)

このような徳島板野工場の高度な生産性を支えてきたのが、医薬品製造にかかわるプロセスを一貫して管理できる、山武の医薬品MES※1パッケージ Pharmanage™です。同工場では、操業と同時にこのパッケージを導入。作業者のスキルに依存することなく入荷から製造、出荷までの作業や管理業務を進められるよう徹底的な自動化と効率化を図るとともに、製品の品質を確実に担保してきました。加えて、医薬品の製造に不可欠な遵守基準であるGMP※2への対応にも、Pharmanageによる製造管理及び品質管理のシステム化が大きな威力を発揮してきました。

※2012年3月以前の情報は、旧名称が使われているケースがあります。ご了承ください。
この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2010年01月号に掲載されたものです。