HOME > 納入事例 > 工業分野 > サントリー酒類株式会社 武蔵野ビール工場

サントリー酒類株式会社 武蔵野ビール工場

30年先を見据えた工場の姿をフレキシビリティに優れた計装システムで具現化

麦芽の殻を取り除き、澄んだ麦汁を取り出すろ過槽と麦汁受け槽

サントリービール発祥の地であるサントリー酒類武蔵野ビール工場は、環境に調和した都内唯一のビール工場としても知られています。同工場では「最高品質の保証」と「フレキシビリティの実現」をコンセプトに、仕込プラントのリニューアルを実施。新プラントの立ち上げに際しては、計装システムを担当するパートナーとして山武を選定し、生産プロセスの運転・制御システム及びバッチ管理パッケージを導入しました。その結果、仕込工程における高度な安定性、信頼性とともに将来に向けた拡張性を実現。同工場が描く生産工程の将来像を具現化するものとなりました。

30年間という長期的展望に立ち新プラントの構築に取り組む

サントリー酒類株式会社武蔵野ビール工場は、サントリーで最初のビール工場として1963年4月に竣工。以来、約47年にわたり、"サントリービールの故郷"として、同社のビール関連商品製造の基幹工場としての役割を担ってきました。一方で、同工場には商品開発研究所も併設されており、その時代時代の消費者ニーズにマッチした新商品の開発が日夜進められています。3年連続でモンドセレクション※1最高金賞の栄誉に輝くなど国内外で高い評価を得ているザ・プレミアム・モルツも同工場が発祥で、現在、この工場で生産されているものは、同商品をはじめとする各種ビールのほか、発泡酒や缶チューハイ、ノンアルコールのビールテイスト飲料など約80品目に上ります。

同工場では、竣工後約30年を経た1990年代の中ごろから、30年先の将来に向けて、工場や各工程をどのような姿にしていくべきか、その将来像についての基本構想の検討を開始しました。その一環として、仕込工程※2のリニューアルにも着手。2004年から、より具体的な工程や設備のコンセプトの確立、概略設計へとフェーズが進む中で、同工場が描く新たな仕込プラントを具現化するためのDCS※3の選定を始めました。

「新プラントの基本理念は、『最高品質の保証』と『フレキシビリティの実現』です。最高の品質を保証するためには、常にスムーズな生産が行われ、安全性、信頼性が担保されている状態であることが前提となります。また、今後30年間という長期的展望に立ち、常に市場のニーズに合致した商品を生み出し続けるためには、生産工程や設備の柔軟性が不可欠であることはいうまでもありません」(横山氏)

※2012年3月以前の情報は、旧名称が使われているケースがあります。ご了承ください。
この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2010年03月号に掲載されたものです。