HOME > 納入事例 > 工業分野 > 株式会社MTI(日本郵船グループ)

株式会社MTI(日本郵船グループ)

燃料消費動向の"見える化"で船舶の運航にかかわる省エネルギーを推進

日本郵船グループ 株式会社MTI

国際海運にかかわる環境技術の開発に取り組むMTIでは、航行中の船上で乗組員がリアルタイムに燃料消費の動向をモニタリングし、状況に応じて適切な省エネ運航を行うシステムの構築に着手。長期航海を続ける船上においても、常に安定稼働する高信頼の自動計測システムを実現しました。さらにこのシステムは、陸上の運航管理システムとも統合され、船舶の省エネ推進の重要な役割を担っています。

燃料消費動向の可視化により乗組員の省エネ意識を醸成

国際海運を中心とする「海・陸・空にまたがる総合物流企業グループ」として、グローバルに事業を展開する日本郵船(NYK)グループ。同グループの「モノはこび」にかかわる技術の研究・開発を担っているのが株式会社MTIです。NYKグループでは、特に環境・省エネ分野について2008年4月以来、環境特命プロジェクト「NYK Cool Earth Project」を推進しており、国際海運の環境技術において世界最先端を目指すことを表明しています。その活動の中核的存在として、MTIには大きな期待が寄せられています。

同社では、航行時に波の抵抗だけではなく風圧抵抗をも考慮した船舶の形状デザインの研究や、「MT-FAST」※1と呼ばれる船舶用省エネ装置の開発を行うなど、安全運航に加え、より少ない燃料消費量での運航を実現するための技術開発に取り組んできました。

「ハード面だけではなく、船舶の乗組員が明確な省エネ意識を持ちながら燃費を考慮した航行を行うことも不可欠です。それを支援するための仕組みづくりも当社にとって重要なテーマとなっていました」(安藤氏)

通常、船舶の燃費については、日々、燃料の積算カウンタに基づいて機関士が1日1回程度算出します。これに対しMTIが目指そうとしたのは、運航中の船上でリアルタイムに燃料消費動向が把握できるような仕組みでした。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2010年04月号に掲載されたものです。