HOME > 納入事例 > 工業分野 > 三洋化成工業株式会社 名古屋工場

三洋化成工業株式会社 名古屋工場

エネルギー供給設備の最適運転により
生産工程にかかわる省エネルギーを推進

三洋化成工業株式会社 名古屋工場

三洋化成工業 名古屋工場では、生産にかかわるエネルギーの削減を目的に、プラントで消費されるエアの供給源となるコンプレッサの台数制御自動化に取り組みました。その結果、設備の運転効率が大幅に改善し、稼働後1カ月の実績で消費電力にして約4%削減することができました。その取組みはまさに、同社が展開する「生産革新」の一環として、ユーティリティ設備全体の最適運転に向けた大きな第一歩となりました。

設備の最適運転を目指す上で人手による管理では限界

「パフォーマンス・ケミカル」の提供を通じて社会に貢献する三洋化成工業株式会社。パフォーマンス・ケミカルとは、組成ではなく機能、つまり「どんな働きをするか」が問われる化学品をいいます。紙おむつなどに使用される高吸収性樹脂から、医薬品の錠剤に使用されるコーティング剤、さらには自動車のバンパーなどの素材となるポリウレタンに至るまで、同社の生産する多種多様な製品は、人々の暮らしや産業活動を日々支えています。三洋化成工業において、そうした生産活動の国内主力拠点となっているのが名古屋南部臨海工業地帯で操業する名古屋工場です。

「生産には、電気や水、蒸気、エア(圧縮空気)、ガスといったエネルギーが多く使用されます。それらの消費にかかわるムダをなくし、省エネルギー化を図ることは、生産コストの最適化はもちろん、企業の社会的責任という観点からも、我々にとって極めて重要な課題です」(浜本氏)

これに対し名古屋工場ではこれまで、プラントで消費されるエネルギーの供給源となるユーティリティ※1設備の運転方法を工夫することで、エネルギーのムダをなくすという取組みを続けてきました。

「担当者がメーターなどの計器類を常時監視し、消費動向に応じてユーティリティ設備の稼働をコントロールして運転ロスを最小化するという方法でしたが、そうした人手による管理ではタイムリーな対応には限界があり、運転のムダを十分には排除できず、人的な負荷も大きいという課題がありました」(大森氏)

※2012年3月以前の情報は、旧名称が使われているケースがあります。ご了承ください。
この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2010年05月号に掲載されたものです。