HOME > 納入事例 > 工業分野 > エヌケーケーシームレス鋼管株式会社

エヌケーケーシームレス鋼管株式会社

熟練者のノウハウをシステムで標準化 高品質な製品を生産

エヌケーケーシームレス鋼管株式会社

エヌケーケーシームレス鋼管では、同社が生産するシームレスパイプの製造工程において品質維持の上で重要なカギとなる加熱や再加熱、熱処理に際しての炉内温度制御の自動化に取り組みました。現場で培われた熟練オペレータのノウハウをDCS上に標準化することで、オペレータの熟練度に依存することなく、常に品質を保証できる生産を実現することができました。

高度な熟練ノウハウが求められる炉内温度のコントロール

エヌケーケーシームレス鋼管株式会社は、エネルギー関連産業にパイプ製品を提供するグローバル企業であるテナリスの日本における拠点として、シームレス(継ぎ目のない)パイプの製造・販売を行っています。

「石油や天然ガスなどを深度5千~1万mの地底や海底から掘り上げるためには、腐食・水圧などに強いパイプが不可欠です。当社では、そうしたニーズに応えるハイグレードなシームレスパイプの製造から品質管理までを一貫して行っています」(小田氏)

同社では、直径159~431㎜のパイプを製造する大径管工場、直径33~154㎜までのパイプを製造する小径管工場の2つの工場を、川崎市にあるJFEスチール株式会社東日本製鉄所敷地内で操業しており、その生産能力は年間27.5万トンに上ります

製品の製造工程については、JFEスチールから受け入れたパイプ製造用のビレット※1を、加熱、穿孔(せんこう)※2、圧延(あつえん)※3、再加熱(小径管のみ)、冷却、熱処理(焼入れ、焼戻し)といった一連のプロセスによって加工していくという形となります。

「工程の中でも、加熱や再加熱、熱処理を行う際の炉内温度のコントロールは、製品の品質を左右するとりわけ重要なポイントです。以前より当社では、その監視・制御についてアナログ計器盤を用いた手動で行っていましたが、その精度を維持するためには熟練オペレータが必要であるという課題がありました」(森崎氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2010年06月号に掲載されたものです。