HOME > 納入事例 > 工業分野 > SK energy Co., Ltd.

SK energy Co., Ltd.

生産の監視・制御プロセス統合により
運転効率向上と人的リソースの最適配置を実現

SK energy Co., Ltd.

韓国最大の総合石油&石油化学会社として知られるSK energy(エスケー エナジー)。同社では、生産現場における運転効率化と人的リソースの最適配置の実現を目指し、石油化学製品の生産にかかわる監視・制御プロセスの統合化を実施。その結果、運転員1人当たりが監視・制御できる範囲が大幅に拡大。より少ない人員での運転が可能となり、所期の目的を達することができました。

製造現場での運転効率化を目的に、監視・制御プロセスの統合化を推進

SK energy Co., Ltd.は、1962年に国営企業として設立された大韓石油公社に起源を持つ、韓国最大の総合石油&石油化学会社です。ガソリン、灯油、液化石油ガス(LPG)などの石油製品に加え、合成樹脂やスチレンモノマー、エチレンなど、多様な石油化学製品をグローバルな市場に供給しています。また近年では、地球温暖化防止の観点から急速に高まるCO2排出削減の要請に応えるべく、太陽電池やリチウムイオン電池といったクリーンエネルギーの分野でも積極的に事業を展開。例えば、同社の提供するリチウムイオンバッテリーは、日本の商用車メーカーの生産するハイブリッドカーにも採用されるなど、その高度な品質で幅広い市場のニーズに応えています。

SK energyでは、ここ数年来、生産にかかわる監視・制御プロセスの統合化を推進するという取組みを全社規模で展開しています。

「最大の狙いは、生産現場での運転を効率化し、人的リソースの最適配置を可能にすることにあります。当社がグローバル市場において競争力を維持・強化していく上で、そのことがまさに不可欠な要素であると捉えているのです」(Kang氏)

2008年ごろにはその一環として、DCSの老朽化に伴う更新を契機に、従来、複数のベンダーのDCSで監視・制御していた3つの生産設備を、単一ベンダーのDCSに統一、オペレータインタフェースを統合化することを決定しました。具体的には、ヘプタン、ベンゼン/トルエン/キシレン、パラキシレンという3つの石油化学製品の生産にかかわる、監視・制御プロセスの統合化を目指すことにしたのです。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2010年09月号に掲載されたものです。