HOME > 納入事例 > 工業分野 > 川崎オキシトン株式会社 川崎工場

川崎オキシトン株式会社 川崎工場

リアルタイムに操業パフォーマンスを把握
生産にかかわるコスト削減と効率改善に貢献

川崎オキシトン 川崎工場では、分散制御システム(DCS)の老朽化に伴うリニューアルを契機に、プラントの運転状況に関するきめ細かな情報を収集し、リアルタイムで確認できるシステムを構築。その結果、従来は日次で管理していた原単位やコストをリアルタイムで把握可能になるなど、同工場の生産の効率化、コスト削減を目指した取組みを大きく前進させることができました。

DCSのリニューアルを契機にさらなる生産効率の向上に着手

日本エア・リキード株式会社、小池酸素工業株式会社、昭和電工株式会社の共同出資により、1970年に設立された川崎オキシトン株式会社。同社の川崎工場は、その生産拠点として、液化酸素、液化窒素、液化アルゴン、酸素ガス、窒素ガスを製造し、産業分野、医療分野の顧客に供給しています。

「特に近年では、お客さまのご要望に応えるため、いかに製造現場における生産効率を高め、コストを削減していくかが、当社にとって重要なテーマとなっています。そのために操業KPI※1をリアルタイムに把握することが必要でした」(大平氏)

同工場では、このような課題に対応するために、以前から生産効率向上を目指した取組みを継続的に行ってきました。2007年ごろには、長い間、同社の製造現場を支えてきたDCS※2の老朽化を機に、DCSのリニューアルに加え、システムのさらなる強化を断行し、より高度な生産効率化の実現を目指すことにしました。

「具体的な強化ポイントとしては、プラントの運転状況をより詳細に可視化し、リアルタイムに原単位やコストの把握が容易に行えるような仕組みを実現したいと考えました」(大平氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2010年10月号に掲載されたものです。