HOME > 納入事例 > 工業分野 > 清水エル・エヌ・ジー株式会社

清水エル・エヌ・ジー株式会社

制御システムの保守性・耐障害性の向上が
天然ガスのさらなる安定供給に貢献

清水エル・エヌ・ジー株式会社

静岡県内を中心に天然ガスの供給を担う清水エル・エヌ・ジー株式会社。同社では、さらなる需要拡大への対応を目的に、第三期増設工事を実施しました。新設備においても、これまで製造現場で大きな実績を積み重ねてきていた山武製品を導入。高度な技術とノウハウに基づく制御システムの全設備完全独立二重化構成の実現により、ライフラインとして停止が許されないプラントの安定操業を支えています。

天然ガスの需要拡大に応えるため、設備の増設、拡充に取り組む

他の化石燃料に比べてCO2排出量が少なくクリーンなエネルギーとして注目される天然ガス。そうした環境負荷の低さに加え、世界各国で豊富な埋蔵量が確認されていることから、持続可能な社会を支える基幹エネルギーの1つとして、その需要はますます高まっています。清水エル・エヌ・ジー株式会社は、静岡ガス株式会社と東燃ゼネラル石油株式会社の共同出資により、1992年に設立。1996年の運転開始以来、同社の袖師(そでし)基地において、LNG(液化天然ガス)の受入れから、貯蔵、都市ガス製造に至る工程を一貫して担い、静岡県内の約30万戸に提供する天然ガスの安定供給を支えています。

「静岡ガスグループは、天然ガスをより多くの地域に供給するため、袖師基地をハブターミナルとする広域パイプラインネットワークを構築し、静岡県内の都市ガス事業者をはじめ県外への供給も積極的に推進してきました。2006年4月には、ますます増大する需要に対応するため、第三期増設工事に着手。その狙いは、新たに第3号LNGタンクを建設して貯蔵能力を向上させることと、既存の2.5MPaを大幅に上回る7MPaの能力を持った高圧の送出ラインを設置して、より広い地域に対する天然ガスの供給を実現することです」(伏代氏)

※2012年3月以前の情報は、旧名称が使われているケースがあります。ご了承ください。
この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2010年12月号に掲載されたものです。