HOME > 納入事例 > 工業分野 > 株式会社 豊田自動織機 碧南工場

株式会社 豊田自動織機 碧南工場

空調熱源機器の自動最適制御により、空調設備の省エネ対策を大きく加速

株式会社 豊田自動織機 碧南工場

全社を挙げてCO2排出削減に向けた取組みを強力に推進する豊田自動織機。同社の碧南工場では、その一環として、空調熱源設備の高効率機器へのリニューアルに併せて、熱源設備の自動最適制御による省エネ対策に着手しました。この取組みの結果、CO2排出の大幅な削減をはじめ、バラツキのあった運転員のスキルの平準化実現などの成果が得られました。

既存機器・システムの実績と、現場での高評価がスムーズな導入の秘訣

動力室に設置されたU-OPTの監視制御端末。

動力室に設置されたU-OPTの監視制御端末。

株式会社 豊田自動織機は、豊田佐吉が発明・完成した自動織機の製造・販売を目的として1926年に創立。その後、多角化を進め、今日では繊維機械、自動車の車両、エンジン、カーエアコン用コンプレッサなどのほか、産業車両やエレクトロニクス、物流へと事業領域を拡大しています。

同社では、地球環境保護と経済発展の両立を目指した「環境経営」を最重要課題の1つと位置付け、従業員一丸となった取組みを継続的に行ってきました。2008年4月には、そうした取組みをさらに強化するために、社長を委員長とする環境委員会の下にCO2排出削減会議を設置。同会議を中心に省エネ技術の全社展開を行う一方で、各事業部でも独自の会議体による活動を実践しています。

「当社のCO2排出削減活動の代表的なものとして、エネルギー転換や高効率機器への更新などがありますが、併せてエネルギーの"見える化"によるエネルギーロスの削減にも取り組んでいます」(後藤氏)

そうした省エネルギーに向けた取組みの一環として同社では、2009年3月、自動車用、産業車両用のエンジンの生産を担う碧南(へきなん)工場において、空調熱源設備の高効率機器へのリニューアルと併せて、熱源設備の自動最適制御による省エネ対策に着手することを決定。ベンダーの選定に当たっては、山武を含む数社による競争入札を行い、山武の提供する熱源設備/動力プラント全体最適化パッケージ U-OPT™(ユーオプト)の採用を決定しました。

「碧南工場では、これまでもフィールド機器をはじめ、監視制御システムとして協調オートメーション・システム Harmonas™やエネルギーを見える化するエネルギー管理システム EneSCOPE™(エネスコープ)など、様々な山武製品を導入してきました。山武が当工場の現場に精通しており、これまでじかに接してきた動力部門の山武に対する信頼も非常に厚かったのでスムーズに最適制御システムが導入できました」(中山氏)

※2012年3月以前の情報は、旧名称が使われているケースがあります。ご了承ください。
この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2011年02月号に掲載されたものです。