HOME > 納入事例 > 工業分野 > NTN鋳造株式会社 平田工場

NTN鋳造株式会社 平田工場

生産現場における省エネ対策の実施で、環境負荷低減に向けた取組みを前進

NTN鋳造株式会社 平田工場

地球環境との共生を重要課題に掲げるNTNグループの一員であるNTN鋳造では、先ごろ、主力生産拠点である平田工場において、生産にかかわる使用エネルギー量の削減を目指した省エネ対策に着手。工場内の照明と製造現場にエアを供給するコンプレッサを対象とした施策の実施により、当初の予測を大幅に上回る消費エネルギー量の削減を達成しています。

費用対効果が高い省エネ施策に絞り込み提案

軸受箱であるピローブロックやプランマーブロックをはじめ、自動車部品や農機具部品、電装部品、工作機部品など、幅広い産業機械部品を製造するNTN鋳造株式会社。1967年の設立以来、長きにわたり培ってきた技術力が生み出す製品群によって、多様な産業界のニーズに応えています。

NTN鋳造が所属するNTNグループでは、地球環境との共生を最重要課題に掲げ、環境にやさしい製品開発、環境への負荷低減、法令遵守と環境管理体制の拡充などを骨子とする「NTN環境基本方針」を策定。設計・開発から製造、物流などのあらゆる事業活動においてエネルギー効率の改善を図り、地球温暖化防止に努めるという活動を以前から進めてきました。

「それに呼応する形で、NTN鋳造でも、例えば2003年11月には、業界に先駆けてISO14001の認証を取得するなど、環境への影響に配慮した生産活動の実践を念頭に事業を展開してきました」(古武氏)

そうした取組みの一環として、2007年春ごろから、主力生産拠点となっている平田工場の生産にかかわる使用エネルギーの削減に着手。NEDO※1の省エネ対策事業に関する補助金の活用と、ESCO※2のシェアード・セイビングス契約を実施することを前提に、省エネ対策を進めることにしました。そして、そのプロジェクトのパートナーとして迎えたのが山武でした。

「山武への発注以前に、経済産業省の実施する工場の省エネルギー診断サービスにより、工場が抱えるエネルギー消費の課題や対策ポイントなどをあらかじめ洗い出していましたが、山武がその内容を改めて精査し、当社にとって費用対効果の高い施策に絞り込み、提案してくれました」(荒木氏)

その具体的な内容は、工場内の照明と製造現場にエアを供給するコンプレッサに絞り実施するものでした。まず照明については、蛍光灯、水銀灯を高効率器具に置換。一方、コンプレッサについては、同工場で稼働する10台のうち3台を高効率な機器に更新するとともに、そのうち1台にインバータ式を導入。併せて、山武の提供する協調オートメーション・システムHarmonas™によって、既設機器を含むコンプレッサ10台による台数制御を実現するというものでした。

※2012年3月以前の情報は、旧名称が使われているケースがあります。ご了承ください。
この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2011年03月号に掲載されたものです。