HOME > 納入事例 > 工業分野 > 株式会社デンソー 安城製作所

株式会社デンソー 安城製作所

現場の要求量に応じた最適運転制御で、省エネ対策の新たな可能性を拓く

株式会社デンソー 安城製作所

持続可能な社会の実現に寄与すべく、地球環境との調和を目指した事業を展開するデンソー。同社の安城製作所では先ごろ、「エネルギーJIT」のコンセプトの下、製造現場へのエア供給にかかわる省エネ対策に着手。生産状況に即したエアの要求量に応じて、必要なコンプレッサの稼働台数と組合わせを最適制御する仕組みを構築し、エネルギー原単位の改善に大きな成果を上げています。

生産用エネルギーは、インフラではなく部品

株式会社デンソーは、世界中の主要自動車メーカーへ先進技術に基づく製品を提供する自動車部品のサプライヤーです。安全性、快適性、利便性を追求する新技術や新製品の研究・開発により、人とクルマが調和して共存する社会の実現に貢献しています。一方で省エネルギーセンターが実施する省エネ大賞において、2009年度の組織部門 経済産業大臣賞を受賞するなど、環境負荷低減に向けた取組みを積極的に展開している企業としても知られています。製造現場における省エネルギーの推進は、以前から最重要テーマの1つに据えられてきました。

「原油高によるエネルギーコストの高騰に加え、2008年秋のリーマンショックを背景に、生産量の減少に見舞われる中、製造現場におけるエネルギー効率にも悪化の傾向が見られるようになってきていました。これに対し当社では、JIT※1の思想を製造工程のエネルギー管理・運用に採用した『エネルギーJIT』というコンセプトを提唱し、従来の枠を超えた省エネ対策の展開で、生産変動にも強い製造現場を目指すことにしました」(菊地氏)

「従来の省エネ活動は、主に生産時のムダ取りを念頭に置いたものでしたが、エネルギーJITでは『生産用のエネルギーは、インフラではなく部品』と考えて、生産量に連動したエネルギーの最適化を目指しています。そうした意味でこのコンセプトは、"省エネ"から"少エネ"へのパラダイムシフトを意図したものだといえます」(松浦氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2011年04月号に掲載されたものです。