HOME > 納入事例 > 工業分野 > 藤田エンジニアリング株式会社

藤田エンジニアリング株式会社

植物工場ソリューションの提供を支える
柔軟性に優れた計測・制御システムを構築

藤田エンジニアリング株式会社

藤田エンジニアリングでは、昨今、大きな話題を呼んでいる植物工場のためのソリューション提供を念頭に、自社敷地内において実験棟の建設に着手。植物の栽培に適した環境を棟内で維持するための計測・制御システムの実現に、山武の計装ネットワークモジュールを採用し、その構築や検証にかかわる工数を大幅に削減。柔軟性に富んだシステムを実現しています。

植物工場の実験棟建設に、ネットワーク計装を採用

ビル設備、産業設備、そして環境設備の開発・設計から施工・メンテナンスまで幅広い事業を展開する藤田エンジニアリング株式会社。空調や給排水、電気設備などにかかわる高度な計装技術力とノウハウで、北関東を中心とした地域における「快適空間」の創造・維持に貢献しています。そんな同社が、次代の成長分野と期待を寄せ、現在、積極的に取組みを進めているのが植物工場※1ソリューションの提供です。

「長年クリーンルームの施工について豊富な実績を積み重ねてきており、そこで培ったノウハウを活かす形で、数年前から植物工場の企画・設計・施工に向けた取組みに着手しています。以来、社内の研究開発室において栽培実験を継続的に行う一方、2010年2月に竣工した宇都宮大学様の『サステーナブルビレッジ』内にある植物工場『Plant Factory』の設計施工も担当しました」(野口氏)

そうした植物工場ソリューションの提供に向けた取組みをさらに強化させるため、藤田エンジニアリングでは、2010年6月、本社敷地内に植物工場の実験棟を建設することを決定。その設計に当たって、プラント内の温度調節をはじめとする各種制御を行うためのコントローラとして採用したのが、山武の提供する計装ネットワークモジュール NXでした。

「以前から、ビル設備、工場設備を問わず、山武の製品を数多く採用してきたという経緯もあり、山武には信頼性という点で大きな安心感を抱いていました」(野口氏)

「特に今回、NXを採用する決め手になったのは、何よりも構成のしやすさです。マルチポート入力で植物の栽培において不可欠な、温度や湿度、培養液の水素イオン濃度(pH)や肥料濃度などの信号を同時収集して計測、制御が行えるほか、NXのコントローラ自体も非常にコンパクトです。汎用のLANケーブルを使って既存のネットワークを介し、通信が行えるという点には非常に大きな利点を感じました」(村上氏)

植物工場実験棟内の制御盤に設置された計装ネットワークモジュール NX。実験棟内の温度、湿度などの環境情報を収集し、汎用LANケーブルで中央監視システムと通信を行う。

植物工場実験棟内の制御盤に設置された計装ネットワークモジュール NX。実験棟内の温度、湿度などの環境情報を収集し、汎用LANケーブルで中央監視システムと通信を行う。

事務所に設置された植物工場用の中央監視システム。ここから実験棟内の様子をはじめ温度、湿度などの状態を随時監視、閲覧できるようになっている。

事務所に設置された植物工場用の中央監視システム。ここから実験棟内の様子をはじめ温度、湿度などの状態を随時監視、閲覧できるようになっている。

※2012年3月以前の情報は、旧名称が使われているケースがあります。ご了承ください。
この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2011年05月号に掲載されたものです。