HOME > 納入事例 > 工業分野 > AGF鈴鹿株式会社

AGF鈴鹿株式会社

エネルギー利用の“見える化”により生産現場での省エネ対策を大きく加速

AGF鈴鹿株式会社

AGFブランドのコーヒー商品の生産で知られるAGF鈴鹿では、ますます高まる省エネルギーへの要求に対して、工場内で使われる蒸気やエアの消費動向の“見える化”に着手しています。その結果、これまで年単位でしか集計できなかったエネルギー使用量を月次や日次で捉えることが可能となり、生産現場での問題点の早期把握とその改善策の実施スピードアップを実現しました。

3カ年計画に基づいてエネルギーコスト削減を推進

AGF鈴鹿がメイン工場として生産している、AGFの主力商品群

AGF鈴鹿がメイン工場として生産している、AGFの主力商品群

AGF鈴鹿株式会社は、AGF(味の素ゼネラルフーヅ株式会社)の生産関係会社として、「お客様に常に自信を持って商品提供できる安心品質の実現」を基本方針に、AGFブランドである「マキシム」や「ブレンディ」のレギュラーコーヒーやボトルコーヒー、インスタントコーヒー、スティックコーヒーなど各種コーヒー商品を製造しています。

AGFでは、商品開発から消費者に商品が届くまでのバリューチェーン全体において、地球環境の保全に配慮した取組みを展開しています。インスタントコーヒーやクリーミングパウダー商品分野においては、袋入り詰め替えタイプを業界に先駆け発売し、2009年6月にはエコマークを取得しています。

AGFの2009~2011年度3カ年計画では、地球環境の保全に配慮した取組みとして大幅なエネルギー削減を実施することになりました。このため主要生産拠点であるAGF鈴鹿では、それまでにも増して省エネルギーの推進が必要となりました。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2011年06月号に掲載されたものです。