HOME > 納入事例 > 工業分野 > チャンギ DCSプラント

チャンギ DCSプラント

信頼性を徹底追求した監視・制御の強化で
地域内のビル空調の安定稼働を強力に支援

チャンギ DCSプラント

知識集約型企業、ハイテク・ビジネス、金融系データセンターなど、先端ビジネス関連企業が集うシンガポールのチャンギビジネスパーク。地域内の各ビルに空調用の冷水を供給しているチャンギDCSプラントでは、より一層の連続安定供給を目指して設備の監視・制御の強化に着手。使い勝手に優れたシステムの導入により、設備の稼働にかかわる信頼性の大幅な向上を実現しています。

冷水供給先の拡大に伴って、監視・制御の強化が課題に

東南アジアのほぼ中心、赤道直下に位置するシンガポールは、古くから東西貿易の拠点として繁栄してきました。特に近年では、その地理的な優位性もあって、日本をはじめ先進国を中心に企業の海外資本の投入も極めて活発に行われており、グローバル規模で見ても最も経済成長の著しい国の1つに数えられています。

そのシンガポールの空の玄関、チャンギ国際空港に隣接する地域において、開発が進められているのがチャンギビジネスパークです。総面積66ヘクタールの敷地内には、既に十数棟のビルが建設されており、主に多国籍企業のハイテク部門、研究開発部門、ハイテク・ビジネス、さらには金融関係のデータ管理部門などが同ビジネスパークでの活動を開始しています。>

チャンギDCSプラントは、同ビジネスパーク内各ビルの空調の稼働を支える地域冷房(DCS)※1プラントです。3万冷凍トン(Rt)の冷凍能力を誇る設備から生み出される冷水を地域内の各ビルに常に安定供給しています。同プラントの開発、設置、運営に当たっているKeppel DHCSは、シンガポール最大の地域冷暖房(DHCS※2)プロバイダーとして知られています。 バイオポリスやウッドランドといった国内の主要ビジネスパークにおける地域冷房サービスの供給を行っているほか、国外でも広範にDHCSに関するビジネス展開を積極的に行っています。例えば、2010年5月には中国の企業との契約の下、ジョイントベンチャーを設立し、天津市のエコシティ計画に伴うDHCSプラントの立上げに参画しています。

「当プラントでは、2000年の稼働開始以来、常に地域内のお客さまに安定した冷水を供給するために、冷凍機をはじめとする設備の監視・制御には万全を尽くしてきました。しかし、ビジネスパークの開発が進み、地域に参入する企業が増える中で、2008年ごろから、さらなる監視・制御強化の必要性が切実な課題として浮上してきていました」(NG氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2011年06月号に掲載されたものです。