HOME > 納入事例 > 工業分野 > 新日本製鐵株式会社 名古屋製鐵所

新日本製鐵株式会社 名古屋製鐵所

高品質な製品の生産を支える設備の新設で、
拡大する需要に応える増産体制を整備

(新日本製鐵株式会社 名古屋製鐵所 提供)

中部圏唯一の鉄の総合基地として、同エリアの産業を支える鉄製品を提供する新日本製鐵 名古屋製鐵所では、RH真空脱ガス設備を増設。同設備の操業にかかわる監視・制御を行うシステムの構築および各種フィールド機器の導入により、供給する製品における高度な品質を担保するとともに、需要拡大に応え得る増産体制を整備しました。

鉄製品への需要が高まる中、設備増強による増産を目指す

RH真空脱ガス設備の操作室に設置されたHarmonas。真空脱ガスの作業を窓越しに見ながら、Harmonasでも制御状況を確認する。

RH真空脱ガス設備の操作室に設置されたHarmonas™。真空脱ガスの作業を窓越しに見ながら、Harmonasでも制御状況を確認する。

自動車やビル、橋梁、船舶から、家電製品、飲料製品の缶などの幅広い分野で用いられる素材である鉄。新日本製鐵株式会社は、あらゆる産業活動や社会基盤の整備に欠かせない各種鉄製品をグローバルな市場に供給しています。その基幹生産拠点として、中部圏において操業を続けているのが名古屋製鐵所です。中部エリアの銑鋼(せんこう)一貫製鉄所※1として知られ、高度な製造技術と製品開発力によって生み出される薄板、厚板、鋼管、鋳物(いもの)用銑鉄(せんてつ)などの製品は、同エリアの自動車産業を中心とする需要の大きな産業に供給されており、顧客の鉄に対する多様なニーズを満たすとともに、我々の日常生活を支えています。

名古屋製鐵所では、2007年5月に製鋼工程の中の二次精錬設備であるRH(Ruhrstahl-Hausen)真空脱ガス設備を増設しました。二次精錬設備は、転炉で粗調整された溶鋼(ようこう)内に含まれる成分の最終調整を行うという役割を担っています。特にRH真空脱ガス設備においては、生産する製品に応じて鋼中の不純物元素(高い成形性が要求される薄板材では炭素、靭性(じんせい)が要求される厚板材では水素)を除去することが求められます。処理精度は、生産物の品質を左右する大きな決定要因となるもので、そうした意味からもこの設備の果たす役割は非常に重要です。

「今回のRH真空脱ガス設備の増設に向けた検討を開始したのが2005年ごろのこと。当時は、新興国が急速な経済発展を遂げる中で、自動車産業をはじめとする分野において世界的な好景気が続いており、鉄製品に対するニーズも急速に増大している状況でした。そこで当製鐵所としても、そうした拡大するニーズに応えるべく、新たな設備を用意して増産体制を整えることが求められていました」(渡辺氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2011年08月号に掲載されたものです。