HOME > 納入事例 > 工業分野 > 桜井市上下水道部 外山浄水場

桜井市上下水道部 外山浄水場

現場で働く「人とシステムの融合」で、安全な水道水を市民に安定供給

桜井市上下水道部 外山浄水場

古墳や古社寺などの数々の文化遺産を擁し、日本の歴史を育んだ地として知られる奈良県桜井市。同市では、安定した水道水の供給に向けた取組みの一環として、その最重要施設である外山浄水場の中央監視システムの更新を実施しました。その結果、浄水処理にかかわる監視・制御の効率化、およびシステムの信頼性向上を実現。併せて関連施設を遠隔で一元的に監視・制御できる体制を整えました。

老朽化した監視システムの更新により、さらなる安全性、信頼性の向上を目指す

桜井市にある纒向遺跡の南端にある箸墓(はしはか)古墳。墳丘長280mを誇る3世紀半ばすぎの大型の前方後円墳で、現在は宮内庁によって第7代孝霊天皇皇女 倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)の大市墓(おおいちぼ)として管理されているが、邪馬台国の女王 卑弥呼の墓という説も有力。

桜井市にある纒向遺跡の南端にある箸墓(はしはか)古墳。墳丘長280mを誇る3世紀半ばすぎの大型の前方後円墳で、現在は宮内庁によって第7代孝霊天皇皇女 倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)の大市墓(おおいちぼ)として管理されているが、邪馬台国の女王 卑弥呼の墓という説も有力。

奈良盆地の中央東南部に位置する桜井市。青垣山(あおがきやま)と称される緑豊かな山々を背後に擁するこの街は、古くは「大和は国のまほろば」とも歌われ、「日本書紀」や「古事記」「万葉集」などにも数多く登場する、我が国の古代国家成立の舞台として知られます。近年の発掘調査により邪馬台国の有力候補地として脚光を浴びている纒向(まきむく)遺跡や古墳時代に造営された前方後円墳の数々、さらには日本最古の神社である大神(おおみわ)神社をはじめとする神社仏閣など、歴史・文化遺産に恵まれ、内外からの観光客で今もにぎわっています。

桜井市では、1955年2月に市民に水道水の安定供給を行うための上水道事業を創設。以来、水需要の増大や給水地域の拡大に対応するために、これまでに第5次を数える拡張事業を実施してきました。現在も、同市上下水道部を中心に、水道施設の新設や増設を随時行いながら、さらなる給水地域の拡張を進めています。2010年3月には、厚生労働省が策定した「水道ビジョン」に準じる形で、「桜井市水道ビジョン」を取りまとめました。

「桜井市水道ビジョンでは、市民に対する安定した水道水の供給に向け、市の水道事業について現状の評価・分析を行って課題を整理しています。これは当市水道事業の目指すべき将来像を描いており、現在、このビジョンに基づいての運営、設備の改善に向けた取組みを順次展開しているところです」(櫻井氏)

そうした取組みの一環として、2008年ごろから市域に対する給水の約6割を担う最重要施設である外山(とび)浄水場において、浄水処理設備の監視・制御を行う中央監視システムの更新に向けた検討を開始しました。

「更新対象となったシステムは約20年にわたって稼働してきたこともあり、不具合の発生が目立ってきている状況でした。水道は重要なライフラインです。この状態を放置すれば、市民生活にも甚大な影響が及ぶため、システム更新による不具合の解消が差し迫った課題となっていました」(大木氏)

「更新に当たっては、単に既存設備のハードウェアを新しくするというだけではなく、設備における運転のあり方やシステムの構成を一から見直し、使い勝手や安全性、信頼性のさらなる向上を目指したいと考えました」(米田氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2011年09月号に掲載されたものです。