HOME > 納入事例 > 工業分野 > テクノポリマー株式会社 四日市事業所

テクノポリマー株式会社 四日市事業所

製造現場における運転経過の管理・蓄積で
技術・ノウハウのスムーズな伝承を実現

テクノポリマー株式会社 四日市事業所

ABS樹脂の国内トップメーカーとして知られるテクノポリマーでは、製造現場での運転引継ぎや発生したトラブル事象に関する情報の正確かつ円滑な共有を実現するためのシステムを構築。それらの情報を発生、対処、原因といった一連の経過の中で明確に捉えて管理、蓄積できる仕組みを実現することで、トラブル調査などの業務の効率性と精度を大幅に向上させるとともに、オペレーターに対する運転ノウハウなどのスムーズな技術伝承にも貢献しています。

紙ベースによる引継ぎでは、事象の経過を把握することが困難

1996年7月に日本合成ゴム株式会社(現JSR株式会社)と三菱化学株式会社のABS樹脂部門の合併により設立され、2009年4月に三菱化学との合弁事業解消によりJSR全額出資となったテクノポリマー株式会社。ABS樹脂事業の分野で国内シェアNo.1を誇る同社が生み出す製品は、自動車や建材、電気機器など幅広い用途で利用され、私たちの生活を支えています。現在、同社では、グローバルに事業を展開するエクセレントカンパニーを目指す中で、さらなる成長を遂げるための企業風土の構築に向けた「4C活動」を推進しています。この"4C"とは、「Challenge(挑戦)」「Communication(コミュニケーション)」「Collaboration(協調)」「Cultivation(共育)」を意味します。

「その取組みは、部下の側からも自らの考えを積極的に上司に対して提案していける環境を育み、上司と部下の間の活発な議論を通して、成長していける風土の実現を目指すというものです。そして、そうした環境づくりにおいて重要なカギを握っているのが、業務の現場における情報共有にほかなりません」(大矢氏)

これに関し、同社の生産拠点である四日市事業所の製造現場において課題として浮上していたのが、運転にかかわる情報の伝達・管理をめぐる問題でした。24時間操業を続ける同社の製造現場では、各生産チームが交代制を取っており、各班はいくつかのポスト(工程)で構成されています。そして、班の交代時にはポスト単位で担当者間の作業の引継ぎが行われることになりますが、その際の情報伝達は紙媒体をベースとしたものでした。

「紙媒体の特性として、あるトラブル事象についての時系列での経過なども、各担当者がよほど意を尽くして記述しない限り、引継ぎが繰り返される中で、事象の発生から処置、結果という経過が正確に捉えられなくなるという状況が引き起こされていました」(中村氏)

その結果、トラブル調査に多大な労力を要していました。さらに、紙ベースで管理された情報は、参照したいときに即座に取り出せないことも多く、事象から学べる対処方法などもノウハウとして記録に残し、共有していくことが難しいという課題を抱えていました。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2011年11月号に掲載されたものです。