HOME > 納入事例 > 工業分野 > PT.PERTAMINA

PT.PERTAMINA

制御システムの更新を定修と同時に実施
生産への影響を最小限に抑え、今後の省エネルギーにも貢献

PT.PERTAMINA

インドネシア内の産業や人々の暮らしにエネルギーを安定的に供給しているPT.PERTAMINAでは、老朽化したDCSの更新をプラントの定修のタイミングに合わせて実施。システム更新作業による生産量低下を最小限に防ぎ、リニューアルを実現しました。今後は環境対策にも取り組んでいく予定です。

稼働から20年が過ぎ、制御システムの更新が課題

PT.PERTAMINA(プルタミナ)は、1957年に石油とガスを安定的に供給するためにインドネシア政府が設立した石油関連企業です。そして2001年11月、エネルギー資源のさらなる有効活用を目的に民営化され、現在では国内最大規模の石油・ガス関連企業へと成長してきました。同社はインドネシア各地に石油・天然ガスの採掘基地を持ち、ガソリンや軽油・重油から液化天然ガス(LNG)、ジェット燃料などの各種燃料の製造をはじめ、アスファルトやコークスなどの非燃料系製品、ベンゼンやパラキシレンといった石油化学製品まで、幅広い石油製品を扱っています。インドネシア国内はもちろん、海外での知名度も向上しており、2015年を目標に東南アジアを代表するトップ企業に成長するため、コスト削減や環境対策などに取り組むなど社内の意識改革にも挑戦しています。

現在、プルタミナは6つの製油所を所有しています。特にチラチャップにある第4製油所は34万8千バレル/日の生産能力を誇り、ガソリンや航空機の燃料、ディーゼルオイル、液化石油ガス(LPG)などの燃料をはじめ、パラキシレンや潤滑油のベースとなるオイル、サルファ(硫黄)を生産するなど、国内外への石油製品の供給を担う、戦略的にも重要な拠点として存在しています。

「チラチャップの第4製油所には1971年と1983年に稼働開始した2つの石油精製プラントに加え、1990年から稼働しているパラキシレンのプラントがあります。今回、課題として浮上したのが、このパラキシレンプラントの運転管理を行うDCS※1の老朽化対策でした。そこでこの課題を解決するために複数の企業に提案をお願いしたのです」(Sundhoro R氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2012年03月号に掲載されたものです。