HOME > 納入事例 > 工業分野 > 京葉ガス株式会社

京葉ガス株式会社

小型・軽量化されたガスメーターへの移行により
ガスメーター交換時の作業性の向上と効率化を実現

京葉ガス株式会社

千葉県北西部への都市ガス供給を通じて地域社会に貢献する京葉ガス。同社では、お客さまとの重要な接点となるガスメーターについて、新たな機器の導入に踏み切りました。小型・軽量化された新機種の採用により、ガスメーターの設置場所であるマンションのパイプスペースにおける空間確保や施工性の改善を実現。また、将来的なガス使用最大流量の変化にも1つの筐体で柔軟に対応できるため、10年後の検定満期交換、在庫数の低減などでトータルなコストダウンが可能になりました。

ガスメーター設置スペースの縮小により、小型ガスメーターが求められる

1927年の設立以来、80年以上にわたり、千葉県北西部を中心とした地域への都市ガス供給を通じて、お客さまのより快適な生活と豊かな社会の実現に貢献してきた京葉ガス株式会社。現在では、市川市、松戸市、鎌ヶ谷市、浦安市の全域、および船橋市、柏市、流山市、白井市、習志野市、我孫子市の一部区域における、およそ86万戸のお客さまへガスを供給しています。「ほっと、人、あんしん。」をブランドメッセージに掲げ、地域からの厚い信頼に基づいて、なお一層の安心感をお客さまに約束すべく取組みを進めています。

ガス供給事業者にとって、お客さまのガス使用量を計量するガスメーターは、お客さまとの重要な接点となるものであり、ビジネスの根幹を支えるために不可欠な機器です。さらに、近年普及しているマイクロコンピュータ内蔵型のマイコンメーターでは、ガスの使用状況を24時間監視し、一定時間内に大量のガスが使用された際や、地震発生時などにはガスの供給を遮断する安全機能が搭載されるなど、保安面でも重要な役割を担っています。

「これまで当社では、一般に普及しているNB型マイコンメーターを採用し、家庭などへの設置を進めてきました。しかし近年、新築マンションなどでは、居住空間をより広くするためにガスメーターが設置されるパイプスペース※1の空間が狭くなってきています。そのためガスメーター設置時または交換時の施工性改善という観点から、ガスメーター自体を小さくしてほしいという要望が寄せられていました。このため、メーターの小型化が当社にとって大きなテーマとして浮上していたのです」(清洲氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2012 Vol.7(2012年08月発行)に掲載されたものです。