HOME > 納入事例 > 工業分野 > 関西国際空港 浄化センター

関西国際空港 浄化センター

上中下水道施設の監視制御システムを更新。
空港島の水インフラに関する安全・安心を実現

関西国際空港 浄化センター

開港以来18年にわたり、関西圏の空の玄関口として、人・モノの交流や経済活動を支えてきた関西国際空港。同空港では、空港島内の各施設から発生する排水の高度処理・再生を担う浄化センターの中央監視制御システムの更新を実施。浄化センターから離れた場所に位置する汚水中継ポンプ場や上水給水ポンプ場などの各設備を新たに監視制御対象に取り込むことで、機器故障の予測やトラブル対応の迅速化を実現しました。

関西圏の空の玄関である空港島の水インフラを管理

大阪湾泉州沖を埋め立てて建設された関西国際空港は、日本唯一の4,000m級の複数滑走路を備え、完全24時間運用が可能な空港です。国際線・国内線合わせて年間で約1,400万人が利用し、約70万トンの貨物が取り扱われ(いずれも2011年度実績)、関西圏における空の玄関の役割を担っています。今話題のローコストキャリア(LCC)※1に関しても国内最多の9社(2012年5月現在)が乗り入れており、現在、LCC専用ターミナルも建設中(2012年度下期に供用開始予定)で、今後、一層の発展が期待されています。

関西国際空港は、「公害の無い、地域と共存共栄する空港づくり」を原点として、環境と共生し、持続的発展可能な「人と自然にやさしい」空港となるべく取り組んでおり、2012年5月にはACI※2グリーンエアポート審査員特別賞を受賞しました。その取組みの1つとして空港島内の各施設から発生する排水の高度処理・再生を担うのが浄化センターです。

「各施設からの生活排水は島内19カ所に設置した中継ポンプ場を経由して、ポンプによる圧送と自然流下を繰り返しながら浄化センターに集められ、瀬戸内海環境保全特別措置法などで厳密に定められた水質基準をクリアするように浄化します。浄化された処理水は、植栽への散水やトイレの洗浄水などに中水として再利用しています」(髙田氏)

関西国際空港では、2005年ごろから、開港以来稼働させてきた浄化センターの中央監視制御システムの更新に向けた検討を開始しました。

「監視制御設備では経年劣化により故障発生率が高くなってくるとともに、部品供給期限が迫るなど課題が持ち上がっていました。仮に故障で監視制御機能が停止すれば、排水処理が行えなくなります。これにより、空港機能に多大な影響を及ぼすことが想定されることから、早期の更新が求められていました」(大野氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2012 Vol.7(2012年08月発行)に掲載されたものです。