HOME > 納入事例 > 工業分野 > Eastern Petrochemical Company(SHARQ)

Eastern Petrochemical Company(SHARQ)

スマートバルブポジショナの導入でメンテナンス性が向上
さらなる生産現場の安全・安心を目指す

Eastern Petrochemical Company(SHARQ)

サウジアラビアの石油化学会社であるEastern Petrochemical Company(SHARQ)では、エチレングリコールの生産を支えるバルブのメンテナンス性向上を目指し、バルブポジショナを従来のアナログ式から、通信が可能なデジタル式に更新しました。その結果、メンテナンスの作業負荷を大幅に削減。バルブやポジショナの状態を詳細に把握できるようになり、「予知保全」実現に向けての第一歩を踏み出すことができました。

※SHARQとは、アラビア語で「東方」を意味し、同社がサウジアラビア東部州に位置していることと、東方の国・日本との合弁会社であることに由来した愛称です。

石油化学プラントを支える30年来のよきパートナー

アラビア半島の大部分を占める中東最大の国、サウジアラビア。世界最大の埋蔵量、輸出量を誇る石油資源を産業・経済の要とするこの国は、石油精製、石油化学などの石油関連産業を柱に発展を遂げてきました。

サウジアラビア東部、ペルシャ湾沿いに広がる世界屈指の工業都市・アルジュベール地区で石油化学プラントを操業するEastern Petrochemical Company(SHARQ)は、1981年5月にサウジ基礎産業公社(SABIC)※1とサウディ石油化学株式会社(SPDC)※2の合弁により設立されました。同社のプラントはエチレングリコール、直鎖状低密度ポリエチレン、高密度ポリエチレン、エチレンという4つの製品を生産し、年間の総生産量は500万トンにも上ります。

中でも、エチレングリコールに関しては、1985年に稼働したプラントであるEG1を皮切りに、1993年にはEG2、2000年にEG3、そして2009年にはEG4と順次、生産設備を拡張しており、現在では世界最大級となる220万トンを生産しています。

このエチレングリコールのプラントのうち、EG1~EG3にはアズビル株式会社のコントロールバルブが採用されています。

「最初となるEG1の運用の中で、アズビル製コントロールバルブの信頼性と耐久性、そして保守部品供給の安定性を高く評価しました。プラントをEG2、EG3と拡張する際も、常にアズビルの製品を採用してきました」(Ali S. Al-Ahmadi氏)

「万一の故障発生時にも、タグナンバーを連絡すると、その製品の納入時期などを踏まえて常に的確なパーツを供給してくれるという大きな安心感もあり、アズビルは我々にとって30年来の信頼できるパートナーとなっています」(Naser A. Al-Mutairi氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2012 Vol.8(2012年10月発行)に掲載されたものです。