HOME > 納入事例 > 工業分野 > アズビル金門和歌山株式会社

アズビル金門和歌山株式会社

エネルギー消費の“見える化”をベースに、CO2排出量とエネルギーコストを大幅圧縮

アズビル金門和歌山株式会社

アズビル金門和歌山では、azbilグループが推進するCO2排出量削減に向けた取組みの一環として、エネルギー消費の“見える化”システムの導入と、可視化された情報に基づく数々の省エネ施策を実施しました。その結果、電気、LPガスの消費量を大幅に削減。CO2排出量はもちろん、エネルギーコストの圧縮という点でも大きな成果を上げています。

CO2排出量削減目標実現に向けて、グループ一丸となって取り組む

玄関ホール、食堂にはEneSCOPE、ENEOPTpersのモニタ画面が設置されており、従業員の省エネ意識の醸成に効果を上げているほか、来社された方に自社の環境への取組みをアピールすることにもつながっている。 玄関ホール、食堂にはEneSCOPE、ENEOPTpersのモニタ画面が設置されており、従業員の省エネ意識の醸成に効果を上げているほか、来社された方に自社の環境への取組みをアピールすることにもつながっている。

玄関ホール、食堂にはEneSCOPE、ENEOPTpersのモニタ画面が設置されており、従業員の省エネ意識の醸成に効果を上げているほか、来社された方に自社の環境への取組みをアピールすることにもつながっている。

azbilグループのライフオートメーション事業分野で、ガス・水道メーターの製造・販売を行うアズビル金門株式会社。アズビル金門和歌山株式会社は、その関連会社として1996年に和歌山県中部の御坊市に設立されました。

「計量法指定製造事業者※1として、家庭用、業務用の都市ガスメーターを製造し、北陸、中部、近畿、中国、四国エリアの計20府県のガス会社さまに供給しているほか、各ガス会社さまからの委託により、検定満期になった製品の再生修理のサービスも行っています」(村松)

azbilグループでは、地球環境への貢献をグループ理念に掲げており、CO2排出量を2013年度(2014年3月期)までに2006年度比で10%以上削減することを経営方針に据え、グループ全体で取り組んでいます。その一環としてアズビル株式会社は、アズビル金門の各生産会社を含むグループ全体へ、アズビルでの実践で得られたエネルギー消費の“見える化”とそれに基づく省エネ施策のノウハウの展開を推進しています。アズビル金門和歌山が、ライフオートメーション事業分野として初めて対象工場に選定され、アズビルの技術者が現場を診断し、施策を提案しました。

「これまでも、事務所や工場の蛍光灯を間引いたり、空調温度を調整したりといった省エネ活動を実施してきましたが、電力やLPガス、CO2が実際にどれくらい削減ができているかについての検証を十分には行っていませんでした。今回、本格的な省エネ施策に着手できたことは、当社にとっても大いに歓迎すべきものでした」(友田)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2013 Vol.3(2013年06月発行)に掲載されたものです。