HOME > 納入事例 > 工業分野 > 日本エイアンドエル株式会社 愛媛工場

日本エイアンドエル株式会社 愛媛工場

製造現場の価値を定義して、
意識改革・制御改革・アラームマネジメントで生産革新を実現

日本エイアンドエル株式会社 愛媛工場

1999年7月1日に住友化学株式会社と三井化学株式会社の共同出資で設立された会社、日本エイアンドエル株式会社。ABS樹脂、SBRラテックスなどの製造・販売・研究開発を行う同社において生産の中核を担う愛媛工場では、計器室の統合を契機に以前から進めてきた生産革新のさらなるレベルアップに着手しました。各製造現場の価値定義に基づく課題抽出と、その解消に向けた意識改革、制御リチューニング、アラームマネジメントの施策によって、生産性・安全性の向上をはじめ、様々な成果を上げています。

現場オペレータの若年化に向けて、さらに高いレベルの生産革新が必要

自動車パーツの材料として使われているABS樹脂をはじめ、印刷物のコーティングやタイヤの骨格を支える繊維(タイヤコード)の接着など幅広い用途に用いられるラテックスの製造・販売・研究開発事業を展開する日本エイアンドエル株式会社。同社の愛媛工場は、その前身である住友ノーガタック株式会社時代の1966年に操業を開始しました。以来、約50年におよぶ操業で培ってきた高度な生産技術が、同社の生産活動の中核を担っています。

同工場では、急激に進むグローバル化など、大きく変化する事業環境に対応するため、「生産革新」を経営戦略上の重要なテーマに位置づけ、日常的に安全対策や業務改善を推進してきました。

「特に2007年以降、熟練オペレータが次々に定年を迎え、現場の生産を支えるオペレーションをいかに若手担当者にシフトしていくかという課題に直面しました。生産現場の操業を維持しながら、さらに安全かつ高効率な作業環境を実現していくために生産革新のさらなるレベルアップが求められていました」(池田氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2013 Vol.4(2013年08月発行)に掲載されたものです。