HOME > 納入事例 > 工業分野 > 凸版印刷株式会社

凸版印刷株式会社

機器故障や災害のもとになる発熱源などを可視化。
点検を効率化し、防火・防災への取組みを前進

凸版印刷株式会社

凸版印刷では、工場で稼働する機械の摩擦熱などによる発火を未然に防ぐため、点検作業にサーモグラフィを導入。操業に影響を与えることなく、機械の温度状況を随時、可視化できるようになり、点検作業の大幅な効率化を実現しています。また、不具合要素をいち早く検知できるようになり、機械の予防保全にも貢献。防火・防災への取組みを大きく前進させることができました。

計測箇所のズレにより、異常を見逃してしまう懸念も

1900年の創業以来、我が国の印刷業界を牽引(けんいん)してきた凸版印刷株式会社。証券やカード、出版物、パッケージなど、以前からの印刷事業はもとより、今日では、インターネットコンテンツ事業や次世代ディスプレイ事業、ライフサイエンス事業など幅広い領域にわたるビジネスを展開しています。

このように広範な分野で事業を行う同社が、最重要テーマの一つに掲げているのが、凸版印刷グループで働く人々の安全と健康の確保です。特に工場の操業における安全確保については、労災予防に向けた設備の点検や教育、注意喚起といった活動を日常的に展開。労災ゼロを目指し、取り組んでいます。例えば安全教育の一環として、埼玉県川口市にある研修センターに「安全道場」を開設。印刷に使用する回転式の機械を模した「挟まれ・巻き込まれ体感機」といった機器を設置し、実際にその状況を体験することで従業員の危険に対する感受性の向上を図る、といったユニークな取組みも行っています。

「各工場の設備に関しても、本社が主導する形で、安全、防火・防災といった観点から、点検、メンテナンスのあり方についての全社的な標準化を、積極的に推し進めています」(難波氏)

例えば、大がかりな回転機構を持つ印刷機の場合、操業の中で軸受け部分などに大きな摩擦が発生して熱を持つようになります。そうした部分は常日ごろから温度を計測して、発火のおそれがないかを点検しておく必要があります。そのほか、印刷物の乾燥や真空蒸着※1を行う高温になる機器に関しても同様の温度点検が不可欠です。

「現場で一般的に用いられている赤外線式の放射温度計は、レーザーポインタのようなもので任意の箇所のスポット温度は測れるのですが、計測箇所がズレてしまうと異常を見逃してしまうという課題がありました」(藤本氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2013 Vol.5(2013年10月発行)に掲載されたものです。