HOME > 納入事例 > 工業分野 > DIC株式会社 鹿島工場

DIC株式会社 鹿島工場

エネルギーの“見える化”から“見せる化”へ
省エネルギーに対するモチベーションを喚起

DIC株式会社 鹿島工場

世界最大手の印刷インキメーカーとして知られるDIC。同社の鹿島工場では、東日本大震災後に発生した電力需給の逼迫を契機として、エネルギー・電力の見える化システムを導入しました。工場内にいるすべての従業員が必要なエネルギー消費情報をいつでも参照できる仕組みを整えることで、省エネルギーに対する従業員の意識向上に加え、原単位の見える化によるコスト削減、品質向上の意識醸成へと取組みが着実に進んでいます。

震災後の電力需給逼迫を契機に日ごろの省エネ活動の重要性を痛感

1908年、印刷インキの製造・販売で創業したDIC株式会社。現在も、「プリンティングインキ」は同社の基盤事業であり、世界トップシェアを誇ります。また、印刷インキの基礎素材である有機顔料、合成樹脂をもとに事業を拡大、デジタル機器の素材製品を扱う「ファインケミカル」、幅広い産業に向け製品を提供する「ポリマ」事業は、同社を牽引(けんいん)する存在です。さらに、多様な基盤技術を組み合わせ、様々な複合製品を生み出す「アプリケーションマテリアルズ」事業を展開。経営ビジョンに「Color & Comfort by Chemistry」を掲げ、これら四つの事業によって、人々の暮らしに「彩り」と「快適」をもたらしています。

同社の鹿島工場は、有機顔料、オフセットインキ、機能性添加剤、PPS(ポリフェニレンサルファイド)樹脂を主な生産品目とするDICの主力工場です。同工場では、以前から木質バイオマス※1発電や風力発電の設備を整備するなど、省エネ活動を積極的に推進してきました。

「環境負荷軽減という社会的要請への対応はもちろんのこと、コスト削減の観点からも省エネルギーは我々にとって重要なテーマです。そもそも当工場の製品は生産時にエネルギーを多く消費するため、東日本大震災後の2011年夏に発生した電力需給の逼迫は、自分たちで日ごろからエネルギーの消費量をしっかりと把握し、削減に取り組むことの大切さをあらためて痛感させられるものでした」(足立氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2013 Vol.6(2013年12月発行)に掲載されたものです。