HOME > 納入事例 > 工業分野 > 水島ガス株式会社

水島ガス株式会社

制御システムの更新で作業効率の向上と燃料費の大幅削減を実現
地域の安定したガス供給を支える

岡山県倉敷市の南西部で、水島コンビナートをはじめとする多くの事業者に天然ガスを供給する水島ガス。ガス製造設備の制御システムの保守契約満了を契機にシステムを更新すると同時に、制御ロジックを見直し、効率的に制御することで燃料コストを大幅に削減することに成功しました。万一の障害に備えたシステムの保守体制も整備し、24時間・365日、途切れることなくガスを安定供給することによって日本屈指の工業地帯を支えています。

DCS保守契約満了を契機に制御にかかわる課題を見直し

産業用・家庭用ガスを岡山県倉敷市南西部地域のユーザーへ供給する水島ガス株式会社。同地域には、石油化学コンビナート、鉄鋼、自動車分野などの水島臨海工業地帯があり、同社のガス販売量の80%は工業用途で占められています。

水島ガスは、水島LNG※1基地からパイプラインを通じて送られてくる天然ガスを、同社のガス製造所で基準の熱量に調整して顧客に供給しています。これまで稼働していたDCS※2の保守契約が2013年5月に切れることから、2011年後半からシステム更新を検討していました。

「単純にシステムを入れ替えるだけではなく、課題や問題点をすべて洗い出し、その解決策を探るため、更新に当たり複数のベンダーから提案を受けることにしました」(合木氏)

例えば、課題の一つに温水ボイラの制御がありました。同社のガス製造工程では、ガスの温度が0℃を下回らないよう維持するという制御上のルールが定められており、そのために温水ボイラを常時稼働させて温度を維持していました。

「実は、ガスの温度が0℃を下回る可能性があるのは冬のごく限られた期間にすぎません。それにもかかわらず常に温水ボイラを稼働させて備えるのは、燃料コスト面で非常にムダが多い状況と言わざるを得ませんでした。そこで、温水ボイラの稼働を適切に制御し、燃料コストの最適化を図る提案を要件の一つに加えました」(藤岡氏)

また、システムを更新しても、既存のシステムでの運転に慣れたオペレータが操作しやすいように操作性を踏襲することも不可欠な提案要件として加えられました。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2014 Vol.2(2014年04月発行)に掲載されたものです。