HOME > 納入事例 > 工業分野 > 関東グリコ株式会社

関東グリコ株式会社

食品トレーサビリティ、入退室管理の強化で
さらなる生産品質・安全の向上を目指す

グリコグループが東日本に展開していた生産会社3社を統合して誕生した関東グリコ。同社では生産する商品の品質保証と、生産工程におけるCO2(二酸化炭素)排出量削減など環境保護の取組みをさらに強力に推進すべく、食品トレーサビリティ、入退室管理、エネルギー管理を含む中央監視の各システムを導入しました。グループ内の他工場で導入して効果を上げてきたシステムを採用し、効率的な組織運営に大きな成果を上げています。

常に安全で高品質な商品提供と生産工程におけるCO2削減を目指す

埼玉県北本市に2011年1月に設立された関東グリコ株式会社は、東日本で展開していた北海道グリコ、東京グリコ、武生(たけふ)グリコの再編、統合により、グリコグループ生産部門の生産効率の向上と、競争力の強化を目指して誕生しました。工場見学者がお菓子について楽しく学べる「グリコピア・イースト」を工場敷地内に併設し、地域住民に愛される工場を目指す同社は、巨大な消費地である首都圏近郊の生産拠点として、江崎グリコ株式会社の主力製品であるポッキーやプリッツを製造。多様化する消費者のニーズに合わせ、多品種少量生産に対応できる体制を整えています。

「当社は設立当初から特に、品質保証と環境保護に力を入れて取り組んでいます。品質保証では、トレーサビリティの確保と徹底したフードディフェンス※1によって、お客さまに常に高品質で安全な商品をお届けすることを目指しています。一方の環境保護では、同規模の自社工場との比較でCO2排出量25%削減を目指しています」(松下氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2014 Vol.3(2014年06月発行)に掲載されたものです。