HOME > 納入事例 > 工業分野 > 宇部興産株式会社 宇部ケミカル工場

宇部興産株式会社 宇部ケミカル工場

プロセスの未来予測で異常の兆候を検知。
現場保安力を強化して重大事故防止へ

ナイロン原料(カプロラクタム)やナイロン樹脂、ファインケミカルなどを製造する宇部興産 宇部ケミカル工場。近年、国内化学プラントの相次ぐ爆発・火災事故を背景に、工場の安全操業に関する社会的要請が高まっています。同工場では、化学プラントの安全対策強化の一環として、重要プロセスの変動監視を行うシステムを導入。その結果、事故につながる異常の兆候を捉え、未然に監視に当たるメンバーが連携して対処できる体制が整いました。

熟練オペレータの定年退職に伴うスキル伝承が重要課題として浮上

石炭採掘会社として1897年に創業して以来、「有限の鉱業から無限の工業へ」という考えの下、時代の変化に対応しながら次々と新事業を起こしてきた宇部興産株式会社。今日では、化学素材を中核に医薬、建設資材、機械・金属成形、エネルギー・環境など幅広い領域で事業を展開しています。

同社の主力工場である山口県宇部市の宇部ケミカル工場は、ナイロン原料(カプロラクタム)やナイロン樹脂、ファインケミカルなどを製造しています。東京ドーム約14個分に相当する66万m2の広大な敷地に各種の化学プラントが操業し、工場全体の生産品目はおよそ120にも上ります。

同工場では以前から安全操業を重要テーマと位置付け、現場保安力の強化に向けた継続的な取組みを推進。日常的な安全教育や訓練の実施はもちろん、安全の観点に立った設備の整備にも注力してきました。2012年には国の「高圧ガス保安法」が定める認定保安検査事業所※1の認定を取得、保安にかかわる自主検査能力の点でも高い評価を受けています。

「近年、国内の化学プラントでの爆発・火災事故が相次いで発生し、工場の安全対策への社会的要請が急速に高まっています。事故の要因の一つに、団塊世代のベテラン従業員が大量定年となった、いわゆる“2007年問題”が挙げられます。熟練オペレータのスキルが、若手にうまく伝承されなかったことが原因となっているのです。当工場も例外ではなく、しかるべき対策が求められていました」(星野氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2014 Vol.5(2014年10月発行)に掲載されたものです。