HOME > 納入事例 > 工業分野 > 修善寺温泉事業協同組合

修善寺温泉事業協同組合

集中管理システムの全面リニューアルで温泉資源の保護と効率的利用を実現

平安時代からの歴史ある名湯として知られる修善寺温泉。一時は枯渇の危機に瀕(ひん)した温泉資源の保護に向け、修善寺温泉事業協同組合は源泉からの採湯、および旅館などへの配湯にかかわる集中管理システムを全面リニューアルしました。その結果、貴重な温泉資源を次の世代に残すための対策とより効率的に利用するための仕組みを実現。併せて大幅な省電力も達成しています。

無秩序な温泉資源の利用を廃し、集中管理による効率的供給を推進

第一配湯所の貯湯槽。源泉からポンプで汲み上げられた湯が一定の水位で蓄えられており、ここから第二配湯所へと送り出される。2基(予備槽1基)構成

第一配湯所の貯湯槽。源泉からポンプで汲み上げられた湯が一定の水位で蓄えられており、ここから第二配湯所へと送り出される。2基(予備槽1基)構成

静岡県伊豆市北部、伊豆山中を流れる桂川のほとりに位置する修善寺温泉。平安時代の初め、弘法大師が桂川のほとりで病身の父親の体を洗う子供に出会いました。その姿に胸を打たれ湧出させたという「独鈷(とっこ)の湯」が修善寺温泉の起源とされ、古くから栄えてきました。現在では、風情豊かな旅館や土産物店が立ち並び、全国から訪れる観光客を魅了しています。

今や年間宿泊者31万人を数えるリゾートとしてにぎわう修善寺温泉ですが、戦後の1950年ごろには自噴泉が枯渇し、源泉温度も低下するという危機的状況に陥りました。

「明治以降、急速に進んだ観光地化を背景に、温泉が限りある貴重な資源であることを知らずに源泉が乱掘され、自然が本来持つ循環のバランスを崩してしまったわけです。その結果、独鈷の湯は海抜90mあった水位が0mに、温度も64℃から54℃に低下し、泉質も海水に近いものへと変化してしまったのです」(野田氏)

事態を深刻に受け止めた修善寺温泉事業協同組合では、1981年にそれまでルールを定めていなかった温泉資源の利用を適切かつ効率的に行うべく、集中管理による供給をスタートさせました。具体的には、利用可能な源泉を絞り込んで、汲(く)み上げ量をコントロールするとともに、温泉街の南北2カ所に第一、第二の貯湯槽(ちょとうそう)を設置。源泉に近く標高の高い場所にある第一貯湯槽から、汲み上げられた温泉を標高差とポンプを利用して下流1.5kmに位置する第二貯湯槽へと送り込み、第二貯湯槽から再びポンプの力で第一貯湯槽に返すという「キャッチボール方式」で湯を循環させ、その経路で旅館などに温泉を供給するシステムを構築しました。

「その後も貯湯槽をそれぞれ2基構成に増設したり、電子制御の仕組みを導入するなど、30年以上にわたってシステムの拡充を図ってきました。ところが、2012年ごろには設備を提供するメーカーの保守切れにより、修理に必要な部品が供給されないという課題が浮上しました」(野田氏)

第一配湯所に設置された計装盤内にはインバータ制御に用いられる計装ネットワークモジュールNX、デジタル指示調節計SDCシリーズが組み込まれている。
第一配湯所に設置された計装盤内にはインバータ制御に用いられる計装ネットワークモジュールNX、デジタル指示調節計SDCシリーズが組み込まれている。

第一配湯所に設置された計装盤内にはインバータ制御に用いられる計装ネットワークモジュールNX、デジタル指示調節計SDCシリーズが組み込まれている。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2014 Vol.6(2014年12月発行)に掲載されたものです。