HOME > 納入事例 > 工業分野 > 関谷醸造株式会社

関谷醸造株式会社

酒造りの工程に遠隔監視・制御を導入
蔵人の負担を軽減して「人の判断」を支援

「蓬莱泉(ほうらいせん)」ブランドの日本酒の製造・販売で知られる愛知県の関谷醸造。同社では製麹機(せいきくき)用監視・制御システムの老朽化によるリニューアルを実施し、デリケートな温度・湿度の管理が不可欠な酒造りにおける監視・制御を、杜氏(とうじ)や蔵人(くらびと)の自宅でも行える仕組みを実現しました。これにより現場担当者の作業負荷が大幅に軽減しました。

労働環境の改善を念頭に、生産現場の機械化を積極的に推進

関谷醸造のメインブランドのお酒「蓬莱泉 空」。

関谷醸造のメインブランドのお酒「蓬莱泉 空」。

1864年創業、150年の歴史を誇る関谷醸造株式会社は、地元愛知県内のみならず、全国に幅広いファンを持つ「蓬莱泉」ブランドの日本酒の製造・販売で知られる酒造メーカーです。原料の米を自社生産するなど、独自の施策で日本酒の可能性を追求するほか、早くから酒蔵の機械化・自動化にも積極的に取り組んできました。

「以前は新潟から蔵人※1が季節労働者として働きに来て、我々の酒造りを支えてくれていました。しかし時代の流れとともにそのような労働形態は一般的ではなくなり、当社でも20年ほど前から杜氏※2や蔵人など酒造りの中枢を担う人々はすべて従業員として雇用しています。従来の、いわば“昼夜を分かたない”厳しい労働環境の改善を図るべく、様々な現場作業を機械に置き換えていく取組みを進めてきました」(関谷氏)

麹(こうじ)造りや発酵の工程など、酒造りは温度や湿度の管理を細かく行い、適切にコントロールする必要があります。これまで少しずつ温湿度管理の自動化も行ってきましたが、その中で15年以上にわたって稼働させてきた製麹機※3の監視・制御システムの老朽化が、課題として浮上してきました。システム自体が保守切れの状態で、このまま利用するのは難しかったため、システムのリニューアルを検討しました。

「既存ベンダーにリニューアルを委ねるつもりでしたが、たまたま酒造組合の会合で九州の酒造メーカーと話す機会がありました。その会社は当社と同じ酒造業専門ベンダーによるシステムを導入していて、当社同様、老朽化が問題となっていたそうです。その酒造メーカーでは先ごろシステムのリプレースを行い、大きな成果が得られたと聞きました。そのリニューアルを担当したのがアズビル株式会社でした」(関谷氏)

製麹機で造られた麹(米)。

製麹機で造られた麹(米)。

完成した麹と水を発酵タンクに入れ、発酵させて日本酒を造る。

完成した麹と水を発酵タンクに入れ、発酵させて日本酒を造る。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2015 Vol.1(2015年02月発行)に掲載されたものです。