HOME > 納入事例 > 工業分野 > アイシン精機株式会社

アイシン精機株式会社

地球にやさしい生産現場の実現に向け、新たな機械加工技術の適用を進める

世界屈指の総合自動車部品メーカーとして知られるアイシン精機。早くから地球環境保全にかかわる活動に注力してきた同社では、生産活動における省エネルギー実現の一環として、マシニングセンタへのフォグタイプ給油装置の実装をベースとしたセミドライ加工の技術開発に取り組みました。その結果、大幅な電力削減に加え、作業環境のクリーン化も実現しています。

生産活動の省エネ化に向け、セミドライ加工の技術開発に着手

1965年に自動車部品メーカーの愛知工業株式会社と新川工業株式会社の合併により誕生したアイシン精機株式会社。世界屈指の総合自動車部品メーカーである同社は、事業をグローバルに拡大する一方、自動車部品領域の枠組みを超えて、住生活関連分野やエネルギー関連分野にも事業を展開。より良いクルマ社会づくり・生活環境づくりに貢献しています。

同社は、早くから地球環境保全にかかわる活動に注力してきたことでも知られ、省エネ化によるCO2排出量削減や、廃棄物の低減に向けた生産技術の開発なども積極的に推進しています。その取組みの一環として着目したのが、マシニングセンタ※1を利用した切削加工において、切削時の潤滑・冷却・切粉排出を行うクーラント(水溶性切削油の希釈液)を循環させるためのポンプを動かす電力です。

「クーラントポンプの消費電力は、設備全体の実に約70%を占めていました。そこで、クーラントを使わないセミドライ加工※2の技術開発に着手し、機械加工にかかわる消費電力の削減を進めることにしました」(山本氏)

さらに切削油の利用を最小限に抑えられるセミドライ加工では、廃油や、現場に飛散するオイルミストを大幅に低減することが可能で、設備や作業環境をクリーンに保てるというメリットもありました。

開発の着眼点

開発の着眼点

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2015 Vol.1(2015年02月発行)に掲載されたものです。