HOME > 納入事例 > 工業分野 > JCRファーマ株式会社

JCRファーマ株式会社

製薬事業のグローバル展開に向け開発・製造に関する重要文書の運用を電子化

「医薬品を通して人々の健康に貢献する」という企業理念の下、バイオ技術を活用した医薬品等の研究開発から製造、販売まで一貫して手掛けるJCRファーマ。同社は事業のグローバル化に伴い、確実に業務を遂行し品質管理を強化するため、重要文書の電子化に取り組みました。世界の多くの企業で採用されており、品質マネジメントシステムの構築を支援するパッケージソフトを導入し、手順書や開発過程のデータを確実に運用・保管する環境を整備しました。

事業のグローバル化を見据え、新薬開発と販路開拓を推進

1975年の創業以来、ヒト生体由来の酵素やタンパクの研究に取り組むJCRファーマ株式会社。ヒト成長ホルモン製剤の「グロウジェクト」や、国産初のバイオ後続品である「エポエチンアルファBS注JCR」などに代表されるバイオ医薬品の研究開発・製造技術は、国内外で高い評価を受けています。

同社は研究開発型企業として、アンメット・メディカル・ニーズ※1に応える希少疾病の新薬開発にも積極的です。現在は無血清条件での細胞培養技術を活かし、遺伝的問題のために生じる細胞内の代謝物の蓄積により発症する「ライソゾーム病」の治療薬開発を進めています。また「移植片対宿主(いしょくへんたいしゅくしゅ)病(GVHD)」※2に対して、他家のヒト間葉(かんよう)系幹細胞を用いて開発した製品は、日本初の再生医療等製品として実用化への動きが大きく注目されています。

事業のグローバル化に向けた取組みも推進しています。世界的な製薬会社であるグラクソ・スミスクライン社と協業して、海外販路の開拓や開発力の強化を図る一方、2012年夏にはグローバル展開が可能な水準の品質保証体制も確立しました。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2015 Vol.3(2015年06月発行)に掲載されたものです。