HOME > 納入事例 > 工業分野 > 小田原ガス株式会社

小田原ガス株式会社

業界で求められてきた画期的な圧力計を開発
ガス導管工事の安全性と効率化に大きく貢献

神奈川県の2市4町に都市ガスを供給する小田原ガス。同社は、都市ガス事業者6社と一般社団法人 日本ガス協会、アズビル金門との協働で、中圧域から低圧域までのシームレスな測定を可能にするワイドレンジ圧力計を開発し、アズビル金門が製品化しました。さらに小田原ガスは、実際のユーザーとしてワイドレンジ圧力計を活用し、導管工事の迅速化、作業負荷低減などの成果を上げています。

業界内で長年求められてきた画期的な圧力計の開発を目指す

1913年に創業し、2013年に100周年を迎えた小田原ガス株式会社。今日では、小田原市をはじめ箱根町、大井町、開成町、二宮町、南足柄市という神奈川県の2市4町において、地域住民の生活や産業活動に不可欠なエネルギーである都市ガスを供給しています。2017年の都市ガス小売り自由化解禁を控え、都市ガス供給を取り巻くビジネス環境の激変が予想される中、同社では「温故創新」をテーマに取組みを進めています。

「自由化後は厳しい価格競争が予想されます。当社では競争に巻き込まれることなく、『温故』の視点でエネルギー事業者としての本分に立ち返った『安定供給と保安の確保』により、ガス本来の価値をお客さまに提供します。その一方で、『創新』の観点で、『小田原ガスでんき』と銘打つ電気の小売りや家電販売など、これまでの事業の枠組みを超えた新たな領域でのビジネス創出にも積極的に取り組んでいきます」(原氏)

特に今回、同社が「創新」というキーワードで打ち出しているチャレンジの姿勢は、小田原ガスが長年培ってきたDNAといえるものであり、新技術開発にも積極的に取り組んできました。その一つが、都市ガス事業者6社と一般社団法人 日本ガス協会、アズビル金門株式会社が取り組んだ、ワイドレンジ圧力計の開発プロジェクトです。

「ガス供給にかかわる中圧導管工事では、管内を流れるガスの圧力を中圧から低圧に下げ、また中圧へ復元するという作業を行います。このとき、中圧域と低圧域に対応した圧力計をそれぞれ1台用意し、工事の途中で圧力計の交換を行うという煩雑な作業が必要です。交換作業が不要で、1台で中圧・低圧の両領域を計測することができる圧力計を求める声が業界内には常にありました。しかし、技術的に困難なものと考えられていました」(大木氏)

特に近年、環境に優しいエネルギーとして天然ガスを主成分とする都市ガスへの転換、地震に強いガス管への交換などへの需要が高まり、中圧導管工事が増加してきました。新しい圧力計への要求はますます切実なものとなり、プロジェクトでは、都市ガス業界が長年求めてきた、中圧用、低圧用といった圧力計の交換がなく、1台で安全かつ効率的に測定できるワイドレンジ圧力計の開発を目指しました。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2016 Vol.4(2016年08月発行)に掲載されたものです。