HOME > 納入事例 > 工業分野 > トゥア・ティエン・フエ省水道公社 Quang Te 2 浄水場

トゥア・ティエン・フエ省水道公社 Quang Te 2 浄水場

監視制御システムによる薬品注入制御で、浄水場の水質の改善と安定化に貢献

2001年、トゥア・ティエン・フエ省水道公社は、「安全な水道水プロジェクト」に着手しました。その後も市民への安全な水を供給する活動は継続され、2009年8月にはフエ省全域に『安全な水宣言』を出しました。2013年には、日本企業のサポートを受けて新たなプロジェクトが立ち上がり、そのプロジェクトの一環として、フエ省水道公社はQuang Te 2浄水場に薬品注入自動制御システムを導入。薬品注入工程を自動化して薬品の注入量を適切に制御し、水質管理の改善に役立っています。

日本の技術支援を得ながら、さらなる水道水の安全性向上を目指す

ベトナム中部に位置するトゥア・ティエン・フエ省(以下「フエ省」)。その省都であるフエ市は、ベトナム最後の王朝であるグエン朝の都が置かれた街として知られています。王朝時代の面影を伝える宮殿を中心とした建造物群は、ユネスコの世界遺産(文化遺産)にも指定されており、国外から訪れる観光客も年々増加しています。

2007年、フエ省水道公社は世界保健機関(WHO)の協力の下、「安全な水」計画を実施し、現在もフエ省全域に安全な水を提供しています。フエ省水道公社はWHOに高く評価され、フエ省を含むベトナム国内にその経験を広めるためのモデル企業に選ばれました。以降、フエ省水道公社は持続的かつ安全な水の供給を維持するために、着実に水の供給体制を改善し、質を向上させています。

「フエ市においては2008年6月、フエ省全域においては2009年8月に『安全な水宣言』を出しました。2009年から現在に至るまで、時には安全な水の供給を脅かす問題に直面したこともありましたが、確実に安全な水を供給し続けるための解決策をタイムリーに投入してきました」(Nam氏)

2013年には横浜市にある民間企業の新しい技術を、フエ省水道公社やベトナムのそのほかの水道会社に伝えることを目的に、独立行政法人 国際協力機構(JICA)が展開する草の根技術協力事業「横浜の民間技術によるベトナム国『安全な水』供給プロジェクト」がスタートしました。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2016 Vol.6(2016年12月発行)に掲載されたものです。