HOME > 納入事例 > 工業分野 > 株式会社クボタ 京葉工場

株式会社クボタ 京葉工場

原料搬送用コンベヤに噴霧式潤滑装置を採用
予防保全の仕組みとコスト低減を実現

水道などの生活インフラを支える鋳鉄管を生産するクボタ 京葉工場。原料搬送用コンベヤのチェーンの寿命延長を図るため、従来の滴下式潤滑装置に替えて、噴霧式潤滑装置を導入しました。チェーン全体に潤滑油をムラなく浸透させることが可能となり、チェーンの寿命を左右する摩耗を軽減。故障を未然に防ぐ予防保全の仕組みを構築し、使用する潤滑油のコストやメンテナンスにかかわる負荷の低減も併せて実現しました。

チェーンコンベヤの寿命延長が鋳鉄管製造現場での重要な課題に

1890年の創業以来、水道用鉄管による近代水道の整備、農業機械による食料増産と省力化、環境施設による人類と環境の調和などを念頭に、暮らしと社会に貢献する様々な製品を世に送り出してきた株式会社クボタ。現在では、「食料」「水」「環境」という三つの領域での課題解決を通じて、地球と人の未来を支え続けることをミッションとする「グローバル・アイデンティティ」を掲げ、事業を展開しています。その中で「水」の領域において主に上水道の管路として用いられる鉄管の製造を行う鋳鉄管(ちゅうてつかん)専門工場が、1960年から操業している京葉工場です。

「世界でも唯一、9mという長さの中・大口径管を量産できる能力を備えている点が当工場の大きな特徴です。現在は中近東、東南アジアの下水道分野にも進出しており、世界中のライフラインにかかわる質の向上に寄与すべく生産活動を推進しています」(奥野氏)

同工場における鋳鉄管の製造は、大きく「溶解」「鋳造(ちゅうぞう)」「焼鈍(しょうどん)」「加工」「塗装」といった各工程からなります。一連の工程の中で、原料や製品を搬送するために数多く利用されているのが金属製チェーンを用いたコンベヤです。

「鋳造工程では製品と同じ形をした中子を砂型で作ります。高熱を扱う当工場の生産現場では、上昇気流によって砂ぼこりが舞い上がり、これらがチェーンの接続部に入り込むため、どうしても摩耗が激しくなります。コンベヤのチェーンは定期的に保守・交換を行っていますが、チェーンが摩耗し全体的に伸びてくると駆動部からいきなり外れる、チェーン自体が切断するという事態に発展するケースもあります」(柴木氏)

鋳鉄管の副原料の一つであるコークス(石炭の一種)を、溶解炉に投入するための付帯設備へと運ぶ「トレイリフタ」と呼ばれるカゴ付きコンベヤは、同工場の溶解工程における生産の起点となるものです。この設備が止まってしまうとすべての製造ラインに影響してくるため、不測の事態を未然に防止する必要がありました。このため、チェーンの摩耗を減らし、寿命を延ばす上で最も有効な潤滑油注入といった日常のメンテナンスを今までも欠かさずに実施してきました。

「同設備で利用している周径46m、ピッチ200mmのチェーン4本には、潤滑油をチェーンの上から垂らす滴下(てきか)式の潤滑装置を利用していました。振動の多い現場ということもあり、滴下箇所にブレやムラが生じ、潤滑油の効果を最大限に得ることが難しい状況でした」(佐藤氏)

L43シリーズが設置されたトレイリフタ。搬入口から原料の一つである石炭を投入すると、カゴ付きのチェーンコンベヤで溶解炉に投入するための付帯設備へと運ばれる。

L43シリーズが設置されたトレイリフタ。搬入口から原料の一つである石炭を投入すると、カゴ付きのチェーンコンベヤで溶解炉に投入するための付帯設備へと運ばれる。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2017 Vol.1(2017年02月発行)に掲載されたものです。