HOME > 納入事例 > 工業分野 > 京和ガス株式会社

京和ガス株式会社

大規模地震に備えた遠隔一括遮断の仕組みを構築
安全・安心なガス供給体制が大きく前進

京和ガスでは大規模震災の発生に備え、供給エリア内のガス供給において、本社側から各地区に設置された地区ガバナを遠隔操作し、ガスの供給を停止する仕組みを実現しました。平常時の機器状態・流量のモニタリングと併せて、災害発生時の遠隔遮断で利用する商用電話回線については、有事の際に想定される回線の混雑による不通を回避し、セキュリティの確保を行うシステムを構築。ガス供給にかかわる安全・安心を担保し、お客さまに「信頼」という価値を提供しています。

ガス供給に関する安全・安心の強化には“プラスアルファ”の施策が必要

1972年に千葉県流山市において設立された京和ガス株式会社は、千葉県北西部を中心とした地域に都市ガスを供給する京葉ガスグループの会社です。同社は京葉ガス株式会社からガスの供給を受け、流山市のほぼ全域、および柏市の北側一部エリアの計約5万戸に都市ガスを供給し、地域の人々の快適な暮らしや産業活動を支えています。2005年のつくばエクスプレス開通以降は、同社の供給エリア内が都心と短時間で結ばれることになり、大規模な住宅開発が進められ、人口が急増。京和ガスの顧客戸数も年率約5%という勢いで増加を続けています。

2017年4月には、ガスの小売り全面自由化がスタート。京和ガスでは2016年の初めごろから、新規参入組も含めたガス事業者間の競争激化を見据え、ビジネス上の差別化をいかに図っていくかという課題についての検討を進めてきました。

「差別化ポイントの一つとして掲げたのが、東日本大震災を契機に要請が高まっていた、ガス供給にかかわる安全・安心といった側面での取組みです。競合他社にはない『信頼』という独自の価値の提供を目指しました」(石上氏)

「当社では、ガス供給設備に関する定期保安検査の実施や、ガス漏れなどの緊急時に備えた24時間の保安体制の整備に加え、導管の耐震化なども東日本大震災以前から積極的に進めていました。ただ、さらなる安全・安心を推し進めるには、プラスアルファの施策が必要でした」(中村氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2017 Vol.3(2017年06月発行)に掲載されたものです。