HOME > 納入事例 > 工業分野 > リョービミラサカ株式会社

リョービミラサカ株式会社

パドロック(南京錠)の活用で物理的に
電源が入らない環境を作り作業者の安全を担保
現場コミュニケーションと作業安全意識が向上

リョービグループの一員として、アルミダイカスト製品の製造を担うリョービミラサカでは、複数部署の現場作業者が同一の製造設備内に立ち入って作業する際の安全を確保する手段として、鍵をかけて物理的に操作できないようにするロックアウトを採用。電源が入らないように製造機械のスイッチをパドロック(南京錠)でロックするという、シンプルながらも確実な方法により、作業者の安全性を高めることができました。併せて、作業者自身の作業安全にかかわる意識が向上するという成果も得られています。

製造現場における作業安全の確保を最重要テーマに据えて取組みを推進

世界的なダイカスト*1メーカーとして知られ、パワーツールや建築用品、印刷機器などの分野にも事業を拡大するリョービ株式会社。そのグループ会社として、アルミダイカスト製品の製造を担うのがリョービミラサカ株式会社です。同社では、金型のメンテナンスから鋳造(ちゅうぞう)、加工、組立まで一貫した生産体制を確立し、高付加価値の製品を市場に供給。自動車用のシリンダーブロックやトランスミッションケースをはじめ、二輪車、農機具などの構成部品として広く利用されています。

ダイカスト製品は精密な金型に、溶かしたアルミニウムなどの合金を高速・高圧で注入し、鋳造機で瞬時に成形することで製造されます。リョービミラサカでは、500トンから最大3,500トンまでの各クラスの鋳造機41台を稼働させ、多様化する市場ニーズに応えています。

「当社では過去25年にわたりTPM*2活動を実践し、工場現場の改善の取組みを全社を挙げて推進してきました。最重要テーマに据えているのが作業安全です。ダイカストの鋳造機では『挟まれ』という宿命ともいうべき災害があり、また、複数部署の現場作業者が同じ製造設備にかかわっている当社工場では、労働災害や事故のリスクを極小化するための施策や教育に注力しています」(卜部氏)

「リョービグループとして相互安全点検活動で各社工場の安全パトロールを実施するとともに、リョービミラサカの社内にも安全衛生委員会を設置し、現場で発生する重大なヒヤリ・ハット事案を確実に捉え、社内への情報共有を図りながら、改善策の立案に努めています。また、現場で発生し得る様々な危険を作業者が肌で実感できるような疑似体験訓練も随時実施しています」(木村氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2017 Vol.3(2017年06月発行)に掲載されたものです。