HOME > 納入事例 > 工業分野 > 株式会社カネカ 高砂工業所

株式会社カネカ 高砂工業所

ベテランのノウハウをしのぐ早期異常予兆検知が
設備稼働の「超安定」に大きく貢献

カネカ 高砂工業所では、プラント群における生産活動の生命線を担う自家発電の電力供給設備に異常予兆検知システムを導入。熟練オペレータをしのぐ検知精度が得られたことで、同工業所が目指す設備稼働の「超安定」を大きく前進させることができました。併せて、若手オペレータの監視スキルの向上にも貢献しています。

エネルギープラントの安定操業が工業所における生産活動の生命線

1949年の創立以来、化成品、機能性樹脂、発泡樹脂製品、食品、ライフサイエンス、エレクトロニクス、合成繊維など、衣食住の幅広い領域をカバーする製品を供給している株式会社カネカ。2009年9月1日に創立60周年を迎えた際には、2020年を見据えた長期経営ビジョン「KANEKA UNITED宣言」を策定しました。2017年4月からスタートした中期経営計画では、従来のように素材を提供するだけではなく「社会的な課題を解決するソリューションを提供する会社(=ソリューションプロバイダー)」へ変身し、成果にこだわった非連続的な成長を目指すこととしています。

高砂工業所は、同社が国内に展開する四つの工場の一つで、約100万m²以上という広大な敷地に、大型のプラント群を擁する同社の主力生産拠点です。塩ビモノマー/ポリマーを素材とした化成品や合成樹脂、合成繊維などを一貫生産しています。

高砂工業所のプラント群の操業をユーティリティ※1の供給で支えているのがエネルギー部です。自家発電を主体とした電力や蒸気、水などを生産現場に供給する傍ら、生産工程からの廃棄物などを処理する焼却炉や排水処理設備なども管轄しています。

「エネルギー部が運転管理しているエネルギープラントは、高砂工業所の生産活動を支える生命線であり、トラブルなどによる計画外の停止をいかになくすかが最重要テーマです。我々は設備の『超安定』をコストミニマムで実現していくことをミッションに、取組みを強化しています」(野夫井氏)

一方、設備の稼働において高度な安定性を実現する上では、監視に当たるオペレータの熟練度も重要なポイントとなります。

「現場のオペレータは40代以上の熟練者と、20代の若手といった人員構成になっています。数々の設備異常を経験してきたベテランのノウハウを、若手にいかに継承していくかが切実な課題となっていました」(森角氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2017 Vol.6(2017年12月発行)に掲載されたものです。