HOME > 納入事例 > 建物分野 > 伊香郡病院組合立 湖北総合病院(現:長浜市立 湖北病院)

伊香郡病院組合立 湖北総合病院(現:長浜市立 湖北病院)

ESCOと国庫補助金の活用で省エネルギーと環境負荷低減を達成

湖北総合病院

湖北総合病院

琵琶湖北端部の木之本町に位置する湖北総合病院では、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO=New Energy and Industrial Technology Development Organization)の国庫補助金制度を活用することで長年の懸案であった省エネルギー化設備改修を実施し、エネルギー使用量の削減や環境に対する負荷の低減を実現しています。

「薬価や医療費自己負担額の改訂、医療機関同士の競争などにより医療施設の運営をとりまく状況は厳しさを増しています。1983年(昭和58年)に開院した当院も例外ではなく、地域に密着した包括的な医療を提供するなかで住民の医療ニーズに応えながらいかに健全な経営を図るかが重要な課題となっています」(藤田町長)

「現在地に移転して約20年が経過し、設備の老朽化が進んできました。照明器具のインバータ化や冷暖房の運転時間見直しなどを通して省エネルギー策を実施してきましたが、高度先進医療機器の導入、事務処理用コンピュータの増大などによる電力エネルギー増に苦慮していました」(医事課 笹井課長)

「熱効率の悪い設備を省エネルギータイプの機種に交換するなど、省エネルギー化によるランニングコスト削減を実現したいと考えていましたが、大掛かりな改修を行うとなると、高額の費用がかかることもあり具体化は容易ではありませんでした。そう思っていたところ、2000年(平成12年)11月、山武より省エネルギー投資に対する国庫の補助金制度があることを教えられました」(総務課 井口課長補佐)

同院では山武が展開するESCO(Energy Service Company)による省エネルギー施策提案のもと、2001年度~2002年度(平成13年度~平成14年度)にNEDOの国庫補助金制度を利用して施設の省エネルギー化設備改修に着手。高効率熱源機器やコージェネレーションシステム(320kW)の導入、病院全体の冷暖房装置の更新などを行いました。改修事業総費用の半額を補助金でまかなった大規模な省エネルギー施策への取り組みは、他の自治体からの注目も集め、視察や問い合わせが複数あったといいます。

「今回の改修事業は県の大気環境への負荷低減条例に基づくプランとして評価され、県内の事業場では初めて『大気環境負荷低減計画実施事業場』として認定されました」(井口氏)

「病院全体のエネルギー使用量は確実に減っており、初年度は約8%の削減ができました。次年度はさらなる効果を期待しています。当初の目的だった省エネルギー化の推進と環境に配慮した施設づくりが確実に実現できたわけですが、これもコンサルティングから現場の施工監督まで全般にわたって豊富な実績をもつ山武のサポートがあったからだと感じています」(笹井氏)

「旧設備からエネルギー効率に優れた最新機器への移行にあたっては、山武の迅速な対応に助けられました。メンテナンスを含め、これからも長いつきあいが続くと思いますが、新商品やサービスにも期待しています」(業務企画課 藤原主任主事)

※2012年3月以前の情報は、旧名称が使われているケースがあります。ご了承ください。
この記事は「Savemation(セーブメーション)」(現:azbilグループPR誌「azbil」)の2003年07月号に掲載されたものです。