HOME > 納入事例 > 建物分野 > 山口朝日放送株式会社

山口朝日放送株式会社

熱源設備の更新ときめ細やかな省エネ施策により
大幅な省エネルギーとコスト削減を実現

山口朝日放送株式会社

山口県をサービスエリアとするテレビ朝日系列のテレビ局として知られる山口朝日放送。同社では、環境省、及びNEDOの省エネ対策事業にかかわる補助金を活用して、本社社屋の熱源設備の更新をはじめとする省エネ施策に着手。運用開始後3カ月で当初の目標を大幅に上回る約19%の省エネ率を達成するとともに、空調の運用改善で効果を上げ、経費削減も実現しました。

社会的責任を全うすべく環境問題に真摯に取り組む

山口朝日放送株式会社は、2008年10月に開局16年目を迎えた、山口県をサービスエリアとするテレビ朝日系列のテレビ局です。キー局制作の番組放映のほか、地元向けニュース番組や情報番組の制作・放映や、各種関連イベントの主催、共催に当たるなど、地域密着型の事業を展開しています。

その一方で同社は、テレビ局という社会的に責任ある立場から、環境問題への取組みを真摯に実践している企業としても知られています。社内横断のプロジェクトチームを立ち上げ、週1回のノー残業デーや月1回のノーマイカーデーを実施したり、社屋の窓面周囲にゴーヤの苗を植えて"緑のカーテン"を育てるといった活動を展開するなど、様々な面で全社一丸となった省エネ施策を推進しています。

そうした取組みの一環として、先ごろ、地上3階建、延床面積3251m2の本社社屋の熱源設備の更新をはじめとする省エネ施策を実施しました。

「直接の契機は、開局時に設置した熱源設備の能力が経年劣化によって低下してきていたことです。加えて、重油を燃料とする熱源機器を使っていたことから、原油価格の高騰によってコスト面での負担も増大していました」(長谷川氏)

「特に放送局の場合、数多くの放送機器が24時間稼働している上、2003年ごろからは、従来の機器に比べて排熱量が大きい地上デジタル放送対応の機器の導入が進んでいます。その結果、中小規模の建物でありながら大規模ビルと同等のエネルギー使用量がありました」(中嶋氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2009年11月号に掲載されたものです。