HOME > 納入事例 > 建物分野 > 旭化成株式会社 富士支社

旭化成株式会社 富士支社

高精度・高速応答の風量制御システムで、
最先端実験環境の安全性と省エネルギーを実現

旭化成株式会社 富士支社

旭化成グループにおける研究開発活動の一層の加速、および新事業創出のスピードアップを図る目的で建設が進められた旭化成 富士支社内の新事業開発棟。その実験室内で最先端分野の研究開発に取り組む人たちのさらなる安全確保や最適な業務環境の実現に、山武の高精度・高速応答の風量制御技術が大きく貢献しています。

より高度な研究施設の実現に向け新棟を建設

旭化成株式会社は中核となる9つの事業会社を擁し、ケミカル・繊維、住宅・建材、エレクトロニクス、医薬・医療などの領域で旭化成グループとして事業を展開しています。グローバルリーディング事業を積極的に展開し、社会が求める環境・エネルギー、住・くらし、医療の関連分野での事業を拡大するとともに、各分野でシステム型・融合型の新事業の創出に取り組んでいます。

静岡県富士市にある富士支社は、その旭化成グループの主要生産拠点の1つであるとともに、研究開発拠点としても大きな役割を果たしています。支社内には1972年から順次建てられた3つの研究棟が稼働し、電子・光学材料分野などを中心に基礎研究からサンプル化などに至る研究開発を進めていますが、新棟建設に伴い、より高度な実験設備の実現を目指しました。

薬品などを扱う研究施設では、局所排気装置(ヒュームフード)を設けて安全な空気環境を継続的に守る必要があります。これまで、旭化成 富士支社の研究室ではヒュームフードを開けたときに出る薬品の有害ガスを実験者が吸い込まないように排気装置の風量バランスを制御してきました。労働安全衛生法上に定められた数値はクリアしていましたが、より高い数値の確保、より安全な実験環境づくりの検討を進めていました。

その課題解決のための検討を重ねていた2007年3月、山武が手掛けた化学メーカーの研究所に導入された風量制御システムについて日本化学会で講演があり、その中で実際に稼働している化学メーカーの施設を見学する機会がありました。

同社ではヒュームフードの制御を検討していたタイミングということもあり、見学会に参加し、理想的な風量バランスとコストパフォーマンスの良さを両立する設備を山武から紹介を受けました。

※2012年3月以前の情報は、旧名称が使われているケースがあります。ご了承ください。
この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2012年01月号に掲載されたものです。